Microsoft、新デザイン言語「Fluent Design System」を発表 Google「マテリアルデザイン」のMS版 3Dでも利用可能

Microsoftはアメリカ・シアトルで開催された開発者向け会議「Build 2017」で5月12日(米国時間)、新デザイン言語「Fluent Design System」を発表しました。

「Project Neon」として知られていたこのデザイン言語は、今年後半に登場する「Windows 10 Fall Creators Update」に組み込まれる予定です。

Microsoft

「Fluent Design System」は、UWP(Universal Windows Platform)のデザインとユーザーインタフェース(UI)構築のための指針や基礎的構成要素を示す、米Googleの「マテリアルデザイン」に相当するシステムです。

この新しいデザイン言語の目的は、デベロッパーがあらゆるプラットフォーム上で単一のデザイン・システムを利用できるようにすることにあり、Microsoftは次のWindows 10「Windows 10 Fall Creators Update」に組み込まれる予定です。

MicrosoftはFluent Design Systemの特徴を「Light」「Depth」「Motion」「Material」「Scale」として説明しています。

現在のWindows 10のデザインよりも立体的で、Vistaのような透明感のあるデザインや、さまざまなテクスチャを使ったものもあります。

またFluentは2Dだけでなく3D環境にも適合しているといいます。

Microsoftが3D環境に強い関心を抱いていることはHoloLensや「MR=複合現実」へ投資を行っていることからもわかりますね。(過去記事参照

Fluent Design SystemはWidnowsのシェル(本体)やアプリ、サービスなどに徐々に適応されます。

なお、ディベロッパーはWindows Dev Centerでツールキットなどを入手できます。

個人的にWindows Vistaの透明感のあるデザインが好きだったのでちょっとうれしいです。

実際に新デザインを目にするのが楽しみですね!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい