「Jアラート」受信できないスマホも 「利用できるか確認を」総務省が注意呼びかけ Yahoo!防災速報アプリの利用を推奨

弾道ミサイル発射時などに政府が発信する避難要請などの緊急情報を携帯電話等に知らせる「Jアラート」について、総務省消防庁は5月11日、受信可能な端末や、受信できない場合の対策を説明する資料を公開しました。

SIMロックフリーのAndroid端末などでは受信できない可能性があるとしていて、「Yahoo!防災アプリ」など代替手段の利用を呼び掛けています。

総務省消防庁 報道資料

報道資料2

政府は、北朝鮮のミサイル発射などにより、日本国内で被害や影響がある場合には、避難措置などの緊急情報をJアラート(全国瞬時警報システム)で発信します。緊急情報は、各自治体に送信され市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達され、携帯電話やスマートフォンで速報メールとして自動的に受信します。

携帯電話各社が利用するのは、緊急地震速報を送信するのと同じ「エリアメール」「緊急速報メール」というサービスです。これらのサービスは、「ETWS」(Earthquake and Tsunami Warning System)という仕組みを利用しており、通常の通話やデータ通信と異なる方法で対象エリアに一斉にメッセージを届けることができます。

しかし一部の格安スマートフォンではメールで緊急情報が受信できない恐れがあり、消防庁が自分の携帯電話・スマートフォンが受信できるかどうかの確認手順と、受信できない(又は受信できるか分からない)場合の対策をまとめています。

docomoの場合

消防庁によると、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(Y!mobile含む)の大手キャリアが提供するスマートフォンはほとんどの機種で受信可能で、各社のサイトで対応機種を確認してほしいとしています。

NTT ドコモ:https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/compatible_model/index.html

KDDI、沖縄セルラー: http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/enabled-device/

ソフトバンク: http://www.softbank.jp/mobile/service/urgent_news/models/

ワイモバイル: http://www.ymobile.jp/service/urgent_mail/

iPhone 端末については、基本的にどの通信会社を利用していても受信可能です。

Android 端末についても、次のいずれかに該当するものはエリアメール・緊急速報メールを受信することができます。

  • 大手キャリアが提供するスマートフォンを、同系列のMVNOで利用する場合(携帯大手事業者が受信を保証しているものではありません)
  • MVNO がエリアメール・緊急速報メール(J アラートの配信)の受信機能を確認している場合

ただ、海外製のSIMフリー端末などを利用している場合は、確かにETWSの信号は届いていますが、スマートフォンによっては信号を受信しても全く反応しなかったり、一部のメッセージしか表示しなかったりすることが確認されています。

消防庁は、Jアラートを受信できない場合や、受信可能か確認できない場合は、弾道ミサイル情報や津波情報などを提供するヤフーのスマートフォンアプリ「Yahoo!防災情報」のインストールを推奨しています。

また古い携帯電話やガラパゴスケータイを利用している場合は、一部の自治体が提供するメール送信サービスを利用するよう呼び掛けています。こちらについてはお住まいの都道府県及び市町村のホームページ等で御確認ください。

Yahoo!防災情報にはWEB版・メール版で登録することもできるので、ガラケーの人も設定した地域の情報をメールで受け取ることができます。

おわりに

Jアラートに対応している端末でも、エリアメール・緊急速報メールの受信設定が「ON」になっていなければ受信できません。初期設定は原則ONになっていますが、心配な場合は自分のスマホの設定を確認するか、確認できない場合は推奨されているアプリを利用するのが良いと思います。

北朝鮮の弾道ミサイルだけでなく、緊急地震速報や大津波警報、大規模テロの情報などもJアラートで配信されます。自分の身を守るためにも、今一度、自分のスマホを確認してみてください。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい