ソフトバンクが2017年夏モデル4機種発表、フラッグシップはAQUOS Rのみに

ソフトバンクモバイルは、同社の2017年夏モデルスマートフォンとしてSony「Xperia XZs」SHARP「AQUOS R」「AQUOS ea」、そして京セラ「DIGNO G」を発表しました。

ソフトバンクグループプレスリリース

【2017年夏モデルスマートフォン特集!はコチラ】

発表されたのは「Xperia XZs」「AQUOS R」「AQUOS ea」「DIGNO G」の4機種。5月下旬以降順次発売予定で、「Xperia XZs」「AQUOS R」は後日詳細が発表される「VoLTE(HD+)」に対応するということです。

各端末を見ていきます。

Xperia XZs

SonyのXperia XZsは、MWC2017で発表されたXperia XZの正統進化モデル。残念ながらフラッグシップのXperia XZ Premiumの取扱発表はありませんでした。(Xperia XZ PremiumなどMWC2017でのSONY発表機種については過去記事参照)

《Xperia XZsに関しての詳細はこちらに掲載しました》

約5.2インチフルHDディスプレイ搭載(1080×1920ピクセル)で、QualcommのSnapdrago 820(クアッドコア)を搭載

メインメモリ(RAM)は4GB、ストレージ(ROM)は32GBです。外部メモリはmicroSDXC(最大256GB)に対応します。

カメラも大きな強化点で、メインカメラにソニーの新CMOSイメージセンサーExmor RS for Mobile(約1.900万画素)を採用した「Motion Eyeカメラ」を搭載。インカメラは1300万画素です。

IP68の防水防塵に対応し、指紋認証にも対応。指紋リーダーは、Xperiaではおなじみとなった右側の電源ボタンに内蔵されています。

スペック的にはXperia XZに近いですが、カメラがMotion Eyeに強化されている、といったところです。

カラバリはアイスブルーブラック、ウォームシルバー、シトラスの4色です。

大きさは146×72×8.1mm、重さは161g、バッテリーは2900mAhQuick Charge 3.0にも対応し、充電端子はUSB type-Cです。

AQUOS R

SHARPのAQUOS Rは、高画質なHDR技術にも対応した約5.3インチ、ワイドクアッドHD(2560×1440ドット)ハイスピードIGZOディスプレイを搭載するSHARPの新フラッグシップ端末。

(AQUOS Rについての詳細は過去記事をご覧ください)

2260万画素のCMOSセンサーを採用するメインカメラと、1630万画素CMOSセンサーのインカメラを搭載。従来の光学式手ブレ補正に加え、動きながらの撮影に強い電子式手ブレ補正を搭載し、ブレの少ない写真や動画を撮ることができます。

チップセットはSnapdragon 835を採用。メモリは4GB、ストレージは64GBです。

新開発の温度管理システムを搭載し、濡れても使えるタッチパネルを搭載した防水防塵(IPX5/8、IP6X)に対応します。

最新のBluetooth 5.0に対応し、Wi-Fi規格はIEEE802.11a/b/g/n/acです。バッテリーは3160mAhを内蔵し、端子はUSB Type C(QC3.0対応)です。前面指紋センサーも搭載します。

大きさは約74×153×8.7mm、重さは約169gで、ボディカラーはマーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ブレイズオレンジの3色です。

AQUOS ea

 

「AQUOS ea」は、5.0インチ、1280×720ドットのIGZOディスプレイを搭載するミドルレンジモデル。

3010mAhのバッテリーを搭載し、防水防塵(IPX5/8、IP5X)性能に対応します。

約1310万画素のメインカメラ、約500万画素のインカメラを備えます。

チップセットはSnapdragon 617、2GB RAM/16GB ROM搭載です。

Bluetooth 4.2対応で、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)をサポート。大きさは約71×142×8.8mm、重さは約135gです。

ボディカラーはホワイト、ブラック、ピンクの3色となっています。

DIGZO G

京セラのDIGZO Gは、5.0インチHD(1280×720)液晶、Snapdragon 425、2GB RAM/16GB ROM搭載のY!mobileのAndroid One「S2」をベースにしたスマホ初心者向けエントリーモデル。

初めてスマートフォンに触れるユーザーに向けた機能を搭載し、耐衝撃性能を備えていて、耐衝撃性能は、米国国防総省の納入基準、いわゆるMILスペック(MIL-STD-810G)に準拠。防水防塵(IPX5/7、IPX5X)もサポートします。

メインカメラは1300万画素(PDAF、像面位相差オートフォーカス対応)、インカメラは200万画素です。

バッテリーは2300mAhバッテリー搭載で、Bluetooth 4.2、Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)に対応します。

大きさは約72×143×10.6mm、重さは約142g。ボディカラーはホワイト、ブラック、レッドの3色です。

今回発表された端末は、5月下旬から順次発売されますが、残念ながらフラッグシップ端末はSHARPのAQUOS Rだけ。

ハイミドルの「Xperia XZs」、ミドルレンジの「AQUOS ea」、エントリーモデルの「DIGNO G」と、ターゲットを明確に意識しているラインナップとなりました。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい