Microsoft、クラムシェル型「Surface Laptop」を発表 カラバリ4色でMacbookに対抗か 価格は999ドル~

Microsoftは現地時間5月2日(現地時間)、クラムシェル型のノートPC「Surface Laptop」を発表しました。

軽量版の「Windows 10 S」を搭載するSurface Laptopは、安価なモデルも用意されており、AppleのMacbookシリーズの強力なライバルになりそうです。

Windows 10 Sについてはこちらの記事をご覧ください。

Surface Laptop -Microsoft(製品ページ、English)

Surface Laptopは、軽量・薄型でWindows 10 Sを搭載するクラムシェル型ノートPCです。ノートタブレットのSurface Pro(900ドル)とノート上位モデルのSurface Book(1,500ドル)の中間の位置づけで、Surface Studio(3,000ドル)のようにSurface PenSurface Dialも使うことができます。

ディスプレイは13.5インチで、2256 x 1504解像度液晶アスペクト比はSurface Bookと同じ3:2です。マルチタッチ対応なので複数指スワイプやタップも可能です。

Surface Pro 4と同じイタリアのアルカンターラ素材の人工革張りキーボードを採用していて、カラバリPlatinum、Graphite Gold、Burgundy、Cobalt Blueの4色です。

ただし、ローエンドモデルではPlatinum以外の色は選択できません。

これはPro 4の「Signature タイプカバー」で採用された、柔らかな手触りを備えた素材で、表面は撥水性もあります。

CPUは第7世代のCore i5/i7を搭載。999ドルのモデルはCore i5でSSD 128GB、4GBメモリー、Intel HD Graphics 620などを採用。

最上位となる2199ドルのモデルはCore i7でSSD 512GB、16GBメモリー、Iris Proグラフィック内蔵というスペックです。バッテリーは最大14.5時間動作します。

本体重量は約1.252kgで、サイズは308.1×223.27×14.48mm(幅×奥行き×厚さ)。

サイズは画面サイズがほぼ同じSurface Bookに近いものの、重量はSurface Pro 4+タイプカバーとBookの中間といった印象で、ライバル機と比べても軽量クラスとなりそうです。

外部端子は、USB 3.0×1Mini DisplayPortイヤホンジャック電源/周辺機器接続用のSurface Connectを搭載します。

USB端子が1つで、type-cでないことはちょっと残念ですが、やはりonedriveを始めとしたクラウドサービスを利用することを前頭としている感じですね。

Surface Laptopはすでに予約受付が開始されており、発売は2017年6月15日

第7世代Intel Core i5/4GBメモリ/128GBのSSDのモデルが999ドル(約11万円)から。

CPUは第7世代Intel Core i7(Iris Proグラフィック付き)/i5、メモリは4GB/8GB/16GB、SSDは128GB/256GB/512GBが用意されており、最上位モデルは2199ドル(約25万円)です。

日本での販売時期や価格については未定ですが、恐らく販売されるものと思われます。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい