Samsung「Galaxy S8/S8+」で「Google Play Music」がデフォルト音楽アプリに 音声アシスタントBixbyとも連携

Googleは4月21日、Samsungの新フラッグシップ端末「Galaxy S8 / S8+」プリインストール音楽アプリが「Google Play Musicになると発表しました。

Google Blog

Samsungの新型スマートフォン「Galaxy S8 / S8+」で、「Google Play Music」がデフォルトの音楽プレーヤーとなるとGoogleがブログ記事で明らかにしました。

サムスンの新しいスマートフォンまたはタブレットの購入者には、2つの特典が提供されます。

まず1つに、Galaxy S8/S8+のユーザーは、自分の音楽を最大10万曲まで無料でGoogle Play Musicにアップロード可能で、ストリーミングできるようになるというもの。これはGoogle Play Musicの登録ユーザーに通常提供されるストレージ容量の2倍に相当します。

もう1つが、3カ月間無料でGoogle Play Musicを試用することができるというもの。現在、通常の無料試用期間は30日間ですので、これもSamsungとGoogleの提携による特典となります。

さらに、今春中に使えるようになる予定のSamsung独自のAIアシスタント「Bixby」の音声命令機能でGoogle Play Musicを操作できるようになるとのアナウンスも。お気に入りの楽曲や音楽ジャンルを再生するよう指示することが可能になり、Bixbyは関連する楽曲をGoogle Play Musicで再生します。

今後は世界で発売されるSamsungのスマートフォンおよびタブレットのデフォルト音楽アプリはGoogle Play Musicになるということです。

私もGoogle Play Musicを使っていますが、かなり快適で便利。

自分のライブラリから約2万曲をアップロードしていますが、Google Play Musicで聴き放題の曲も聞けてPC・スマホ・タブレット・スマートウォッチと端末を問わず連携でき、そして聴き放題の曲数も(特に自分の好きな分野で)多いので最高です。

デフォルトのアプリになるということですが、Googleにとってはまずアプリを入れてもらって体験してもらいたいところ。他の音楽サービスとの戦いを制するためにも、デフォルトアプリとして入れることで有料版にアップグレードしてもらい、ユーザー数を増やすのが狙いでしょう。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい