「役目終えた」Yahoo!翻訳が6月29日にサービス終了へ 高性能な翻訳サービスの拡充で

ヤフーは、機械翻訳サービス「Yahoo!翻訳」を、2017年6月29日に終了すると発表しました。

Yahoo!翻訳サービス終了のお知らせ

Yahoo!翻訳は、機械翻訳のすそ野を広げることを目的に2005年より提供開始したサービスで、翻訳ソフトなどを手掛けるクロスランゲージの翻訳エンジンを採用していました。

発表されたサービス終了の理由は以下の通りです。

Yahoo! JAPANでは、機械翻訳利用のすそ野を広げることで言語間の壁を低くすべく、2005年より「Yahoo!翻訳」の提供を行ってまいりました。

パソコンから携帯、スマートフォンと、この10年余りの間に、インターネット利用環境は、大きく変化を遂げています。
当初は翻訳された言葉も不自然であり、またサービスの選択肢も少なかった翻訳サービスですが、どんどん進化を遂げ、より自然な機械翻訳サービスや、通信を利用した対面での翻訳サービスなどを選べる時代となりました。これは翻訳サービスの理想的な進化です。
そのため、機械翻訳利用のすそ野を広げることを目指してきた「Yahoo!翻訳」は、その役目を終えたと考え、サービスを終了させることにいたしました。

要約すると、PCから携帯電話、スマートフォンとインターネット利用環境が変化したことに加え、翻訳の不自然さや選択肢が少なかった翻訳サービスが進化を遂げて、より自然な機械翻訳サービスや、通信を利用した対面での翻訳サービスなどが選べる時代になり、Yahoo!翻訳はその役目を終えたと考え、サービスの終了を決めたということです。

ヤフーでは、Yahoo!翻訳の代替サービスとして、「Google 翻訳」「Weblio翻訳」「エキサイト翻訳」「infoseekマルチ翻訳」「Bing 翻訳」「So-net 翻訳」など、他社の翻訳サービスを紹介しています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい