ASUS、ARとVRに対応した「ZenFone AR」を国内発表 82,800円~で今年夏に発売 世界初の8GB RAMスマートフォン

ASUSは、VRとARの最新規格に対応した世界初の8GB RAM搭載スマートフォン「ZenFone AR」を国内発表しました。

メモリ8GB、ストレージ128GBのモデルが、税別99,800円前後、メモリ6GB、ストレージ64GBのモデルが税別82,800円前後での販売予定で、2017年の夏より発売開始します。

【CESでの発表時の記事】

世界初のDaydream/Tango両対応+8GB RAM搭載端末

ZenFone ARはGoogleのARプラットホームTangoとVRプラットホームDaydreamを両方ともサポートしたAndroidスマートフォンで、これらを両方対応した初めての端末になりました。

3個のカメラ、深度センサー/モーショントラッキングセンサー/2300万画素カメラセンサーを1箇所に集約したASUS独自のTriCamシステムを採用。これにより、カメラとセンサー部が占めるスペースを削減でき、従来のTango端末に比べて薄く軽くなっています。

付属の組み立て式VRカメラ

ZenFone ARは、モーショントラッキングカメラ、深度カメラ、メインカメラの3つの背面カメラで構成される革新的なTriCamシステムを搭載。現実世界の情報を認識して仮想世界に取り込み、ARを体験できます。さらに、付属の「組み立て式VRメガネ」により、Googleの「Daydream」も利用可能で、VRコンテンツも楽しめます。

このほか、ハイレゾ対応イヤホン「ZenEar」、本体背面をガードする「クリアケース」が標準で付属。追加のアクセサリを購入することなく、AR/VRを気軽に体験することが可能です。

プロセッサはクアルコムのSnapdrgaon 821を採用。スマートフォンとして世界で初めて8GB RAMを搭載しました(6GBモデルも発売)。大容量RAMのおかげでARやVRを円滑に実行することが期待できそうです。

ディスプレイは有機ELで、サイズは5.7インチ。解像度はWQHD(2560 x 1440)です。またフロント部に指紋センサーを搭載。急速充電のQuick Charge3.0に対応し、充電端子はUSB type-Cです。

nanoSIM×2のDSDS対応端末で、3G+4Gのキャリアアグリゲーションにも対応します。

本体サイズは158.67 x 77.7 x 4.6 ~ 8.95 mm、重さは170g。カラバリはチャコール・ブラックの1色のみ。OSはAndroid 7.0を搭載します。

2017年夏発売予定で価格は6GBメモリー/64GBストレージモデルが税別8万2800円8GBメモリー/128GBストレージモデルが税別9万9800円です

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい