ついに配信「Windows 10 Creators Update」の最新機能を紹介!ペイント3DにVRなどクリエイティブ・ゲーム機能が強化 新概念「MR」とは?

Windows 10の大型アップデート「Creators Update」が、2017年4月11日より一般ユーザーへ配信を開始しました。

Creators Updateは、2016年8月2日の「Windows 10 Anniversary Update」以来のメジャーバージョンアップとなり、「ペイント3D」をはじめMR(Mixed Reality:複合現実)への対応、ゲーム対応強化などクリエイティブ・ゲーム機能を中心に強化したアップデートになりました。

Microsoft Windows 10 – The Creators Update(日本語)

Windows 10の大型アップデート「Creators Update」は、2017年4月11日より一般ユーザーへ配信。前回までの大型アップデートと同様、順次配信が行われるため、実際にユーザーの手元へCreators Updateの更新案内が届くまでは、多少のタイムラグがあります。

いち早くCreators Updateを利用したい!という方は、手動で「Update Assistant」をダウンロードしてインストールすることも可能です。(ただし、各デバイスのメーカーによる検証は完了しておらず、動作に不具合を抱えている可能性もりますのでご注意ください)

3D環境の「Mixed Reality:複合現実」に対応

今回のCreators Update最大の特徴は「Mixed Reality:MR(複合現実)」への対応です。

Microsoftが進める「Windows Mixed Reality」はかつて「Windows Holographic」という名称で呼ばれていたもの。

Microsoftは3Dの世界を展開するにあたって、「Virtual Reality:VR(仮想現実)」「Augmented Reality:AR(拡張現実)」の中間にあたる「Mixed Reality:MR(複合現実)」を提唱しています。このコンセプトを実現するデバイスとして、専用のヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Microsoft HoloLens」で現実空間に3Dグラフィックスを重ねて映し出すことで、ユーザーに新しいMRの体験を提供します。

MS HoloLensは、内部にWindows PCに相当する機能を内蔵した「スタンドアロン」動作をするデバイスで、この点がPS VRなどの一般的なVR・HMDと大きく異なります。PCやゲーム機などにケーブルをつなぐ必要がなく、スタンドアロンで動作するのは大きなメリットですが、HoloLensはデバイス単体で30万円以上と高価で、しかも動作時間が短いという欠点を持っています。

このことから、MicrosoftはHoloLensを開発用デバイス・特定用途向けデバイスと位置付け、MSが提唱するMRの世界の拡大とプロモーション的な役割に徹するようにしたのです。

Windows 10と対応ヘッドマウントディスプレイで気軽にVR体験

一方で、VRを実現するデバイスとしては、Facebook傘下のOculusの「Oculus Rift」を皮切りに、スマートフォンをVR HMDとして利用できるSamsungの「Gear VR」やGoogleの「Daydream」、SONYの「PlayStation VR」など、一般ユーザーが数万円程度で手軽にVRの世界を楽しめる環境が整いはじめました。

こうしたVR HMDのトレンドに対するMicrosoftの答えこそ、Windows Mixed Realityです。

メインストリームクラスのPCと対応HMDを組み合わせることで、低予算でVR・MRの世界を楽しめるようになるといいます。

このWindows Mixed Realityを楽しむための必要条件が「Windows 10がCreators Update以降のバージョンであること」。Windows Mixed Reality対応デバイスの登場は2017年前半といわれていて、HP、Dell、Lenovo、ASUS、Acerといったメーカーが開発を表明しています。

ちなみに、Microsoftが2017年のホリデーシーズン(年末商戦)向けで想定するWindows Mixed Reality対応PCの最低スペック要件がこちら。

実際にWindows Mixed Reality対応デバイスと、これらの利用を想定した年末商戦で投入されるメーカー製PCでは、具体的に内蔵GPUの性能が強化されたIntelのKaby Lakeプロセッサ(第7世代Core)を推奨しているほか、内蔵GPUのIntel HD Graphics 620(GT2)とそれで要求されるデュアルチャンネルメモリの対応など、外部GPUを必要としない構成が示されています。

標準のペイントアプリが3D対応「3Dペイント」

今回のアップデートで新たに標準アプリとなる「ペイント3D」は、長らくWindows標準のペイントツールとして提供されてきた「ペイント」を置き換えるアプリとなります。マウス・ペン・タッチパネルの操作で、簡単に3Dオブジェクトの描画や加工が可能です。

Microsoftは、作成した3Dコンテンツをオンラインで共有できるコミュニティー「Remix 3D」を用意しているほか、ペイント3Dで作成した3Dコンテンツは他のツールでも活用でき、PowerPointの資料に貼り付けて動かして見せたり、FacebookなどのSNSで拡散したりといった機能にも対応します。もちろん、Windows Mixed Reality対応デバイスで体験することも可能です。

3Dオブジェクトの扱いはそれなりに習熟が必要だということですが、サンプルが幾つか用意されているほか、Remix 3Dからダウンロードして加工できるので、より凝った3Dオブジェクトも簡単なものも作ることができます。

ゲーム対応が強化

Creators Updateではゲーム対応も強化されました。主なポイントは2つあり、1つは「ゲームストリーミング」を想定した機能強化、もう1つが「ゲームモード」の導入です。

1つ目の「ゲームストリーミング」は、最近人気を博している、他人のプレイ動画を視聴して楽しんだり、あるいは自身のプレイ動画を共有して他人に楽しんでもらったり、といったゲーム文化に対応したもの。

Microsoftは「Beam」というゲーム中継サービスを傘下に収めて、このBeamを使ってゲーム配信や共有を行う仕組みがCreators Updateで実装されました。

Windows 10の「設定」の中にXboxアイコンの「ゲーム」という項目が追加され、ここでゲーム関連の設定がまとめて行えるように。「ゲームバー」の機能を有効にすると、ゲームプレイの録画や配信といった操作を行うゲームバーが「Windows」+「G」のショートカットキーで呼び出せるようになり、Windowsの標準機能としてBeamによるライブ配信が利用可能となりました。

非ゲーミングPCでもハードにゲームを!

2つ目の「ゲームモード」は、ゲームバーとともに実装された機能。

ゲーミングPC出ない限り、一般的なPCは汎用アプリの動作を想定したマルチタスクで動作するもの。そのため、ゲームの動作に必要な性能を必ずしも最適な形で発揮しません。そこでゲームモードでは、必要なタスクをゲームの動作に割り振る形で最適化し、スムーズで快適なゲームプレイ環境を提供するというものです。

機能が有効なのはMicrosoftが対応を表明しているゲームに限られますが、これで一般ユーザーもPCゲームをできる環境が整うとも言えます。

「設定」は項目が整理されカスタマイズ性が拡張

設定アプリにはいろいろと手が入り、わかりやすく整理されました。

例えば「システム」→「ディスプレイ」を開くと、これまでよりも大幅に設定項目が増え、「色」「夜間モード」「カラープロファイル」「複数のディスプレイ」などをこの1箇所ですべて設定できるようになりました。夜間モードは色温度を暖色にして、睡眠を妨げないようにする時間帯を指定することができるというもので、デフォルトはオフですが、オンにすると、日の入りから日の出までは夜間モードになります。なんとも芸が細かい!

「システム」→「ストレージ」では「ストレージセンサー」が新設。これによって一時ファイルやごみ箱の中を自動的に掃除してくれます。具体的にはアプリで使用されていない一時ファイル(キャッシュなど)を削除したり、30日間以上ごみ箱にあったファイルを削除するように設定ができます。ごみ箱を放置するとPCがカクつく要因にもなりますしこれは便利です!

と、このように少し紹介しただけでもかなりの細かいアップデートが「設定」ではされました。

他にも、スタートメニューについても手が入り、タイルをグループ化して分類する以外に、フォルダ的にタイルをまとめることができるようになりました。さらに、スタートメニューにアプリの一覧を表示するかどうかを設定できるようになり、設定しない場合はタイルとしてピン留めしたアプリと、すべてのアプリの表示をトグルで切り替えられるようになるなど、カスタマイズ性が拡張しました。

CUIツールはコマンドプロンプトからPowerShellに

CUI(Character User Interface)は「PowerShell」がデフォルトのコマンドラインツールとなり、「コマンドプロンプト」から切り替わりました。「Windows」+「X」などのメニューで呼び出せるツールもPowerShellに変更されています。

PowerShellはUNIX系のシェルスクリプトの機能を意識したツールとして開発され、パイプラインを含む高度な処理系が利用可能な管理者向けのシェル。オープンソースとしてのライセンスも行われており、Windows以外のOSでも利用できます。

従来のコマンドプロンプトも引き続き利用が可能ではありますが、Cortana検索バーで「cmd」を実行するか、スタートメニューにショートカットを作成する必要があり、あくまでサブ的な扱いとなりました。

私も情報工学を学んでおりますのでこのアプデは地味に重要です。うーん慣れないと。

おわりに

というわけでWindows 10 Creators Updateの詳細を見てきました!

ちなみに今回は紹介しませんでしたがMSのブラウザ「Edge」も進化したみたい。Chrome派なので紹介しませんでしたが。笑

ちょっとだけご紹介すると「デフォルトでFlashコンテンツをブロック」するようになって、通信やバッテリー消費を節減できたり、電子書籍に使われるEPUBファイルもサポートしてブラウザ上で電子書籍が読めたり、開いているタブを保存する機能が追加されたり、といったところです。

何より今回のアップデートで重要なのは名前の通り「クリエイティブ」と「ゲーム」への対応でしょう。Microsoftが提唱する「MR:複合現実」がどこまで浸透するのか、楽しみです。

Creators Updateの次に予定されているWindows 10の大型アップデート「Redstone 3(RS3)」は2017年秋、配信予定となっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい