[スマートウォッチ] Fossil QにAndroid wear 2.0がやってきた!機能をファーストインプレッション【レビュー】

ついに、ついにです!

2016年10月末から愛用しているAndroid wearスマートウォッチ「Fossil Q Marshal」に、ようやくAndroid wear 2.0アップデートがやってきました!

Android Wear 2.0は昨年5月にGoogle I/O 2016で発表され、2016年秋のリリースが予定されていましたが、大規模な変更になることから開発者向けプレビュー期間が延長されており、ようやく2月に公開になりました。

Fossilのスマートウォッチ向けには4月4日までに配信予定、となっていましたが、私のFossil Qにアップデートが来たのは4月7日…。ほんと、ようやくです。

【1年間使用レビューはこちら!】

Fossil Qレビューシリーズ

Android wear 2.0の記事

まずこんな通知が来て、更新モードに。Wi-Fi環境でアップデートしたので約20分で完了しました。

最初に行うのは「Googleアカウントの時計へのコピー」です。

Google Playストアのスタンドアロン利用ができるようになるためだと思われます。時計側の操作後、ペアリング済みのスマホ側で「Android Wear」アプリを立ち上げ、画面の指示に従うとスマホと同じGoogleアカウントがコピーされます。

 

Googleから確認の通知が来ますので、通知をタップして出た画面で「はい、心当たりがあります」を選択すればOKです。

こんな感じでアップデートは完了です!

さて、レビューです。

Android Wear 2.0の強化点および新機能は、スタンドアローンアプリ、通信やセンサーなどのオプション拡大、新しいユーザーインターフェイス、ウォッチフェースのカスタマイズ機能の拡充、Google Fitの強化、入力方法の拡充などです。

一番目を引く特徴はこれ。スタンドアローンアプリです。

スタンドアローンアプリと通信オプションの充実によって、スマートフォンを持ち歩いていない時でも、独立したAndroidデバイスとしてスマートウォッチを幅広く活用できるようになります。

スタンドアローンアプリは、スマートフォンとの連携を必要とせずAndroid Wearウォッチのみで使用できるアプリのことです。Android Wear自体いがGoogle Playストアを備えており、Android Wearウォッチでアプリをインストールすることが可能。Web版のGoogle PlayストアからAndroid Wearウォッチへのインストールを指定することもできます。ワイヤレス機能はBluetoothのほか、単独のWi-Fi通信、LTEを含むセルラー機能など、スマートウォッチを単独でネット機能に対応させるオプションをサポートするようになりました。

また、かなり操作感も変わって、アプリ一覧は円形のランチャー画面に変わり、良く使うアプリを先頭に並び替える機能が付きました。アプリ一覧画面の出し方はウォッチフェイス画面から右からフリックし表示する方法から物理ボタンを押して呼び出す方式に変更されています。

今まではAndroid Wearに入れたウォッチフェイスが全て出てくるウォッチフェイスの選択画面でしたが、アップデートで自分で選んだお気に入りのウォッチフェイスにフリックして交換出来る方式になり、スマートウォッチで楽にウォッチフェイスが変更する事が出来る様になりました。ウォッチフェイス内に表示する情報のカスタマイズもより豊富になっています。

操作感や、スタンドアロンアプリの感じはこちらの動画で。

続いての変更点といえばやはり「通知」と「入力」。

Android Wear 2.0のアップデートで、今までの横にフリックして返信などをするUIからタップして通知内容がすべて見ることが出来るUIに変わりました。Androidスマホの通知バーと同じような感じです。

また、対応するアプリでは返信時にソフトウェアキーボードでの入力が可能になりました。

入力方法は設定でソフトウェアキーボードを「英語」にするとQWERTキー、「日本語」をONにすると「手書き入力」に対応します。

QWERT方式では、やはりキーサイズが小さくかなり入力ミスが頻発。

一方の日本語手書き入力はかなり精度は高く、漢字の入力もできました。

また、動画内でも紹介していますが「絵文字の手書き入力」は意外と便利です。

それでは通知・入力編のレビュー動画です。

はい、動画にもありますが、何故かTwitterの返信だけソフトウェアキーボードが起動すること無く通知が閉じてしまいました。それ以外は良好に動作しています。

というわけで、Wear 2.0のファーストインプレッションでした!

時間がなかったので動画はちょっと簡素な作りになってしまいました。

また1週間ほど使ってみて、総評という形でお送りしたいと思います!

それでは!

【1年間使用レビューはこちら!】

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい