Samsung、新全天球カメラ「Gear 360」を発表 4K/360度ライブ配信も可能でiPhone/Macも連携可能に

サムスン電子は、米ニューヨークで開催された「Galaxy UNPACKED 2017」のイベントで、4K/360度カメラの新モデル「Gear 360(2017)」を発表しました。

前モデルより小型軽量化しつつ、高い撮影性能、比較的安価な価格、さらにGalaxy だけでなく iPhone や Mac 対応となりました。

製品情報ページ(英語)

【Galaxy Unpacked 2017の発表会についての記事】

【同時発表のGalaxy S8 / S8+についての記事】

「目玉のおやじ」のような形に

前モデルでは球型のボディでしたが、新型はグリップのついた形状に変更。カメラ部分が小さくなったことで体積は20%、重量も22g軽くなり、小型軽量化しました。

2つの魚眼レンズと840万画素のCMOSセンサーを備え、4096×2048ドット/24fpsの4K360度動画撮影が可能。

イメージプロセッサはDRIMe5sで形式はH.265/HEVC(MP4)です。

撮像素子のピクセルサイズは1.2μmから1.34μmと広くなり、暗所により強くなりました。(F値はF2.2)

動画撮影だけでなく、1500万画素のJPEG静止画撮影も可能。動画のループ記録やタイムラプス、HDR撮影なども行なえます。片方のみのレンズを使用することも可能です。

防水防塵も継承

本体はIP53の防水防塵仕様。新モデルは下部にスタンド兼グリップとなる部分を備えた形になりました。三脚などへの設置も可能です。本体を安定して立たせておくための小さなスタビライザーリングも同梱されるということです。

録画ボタンは、本体を握ったときに自然に指を置く位置となる小さなステータス画面のすぐ上に設けられました。

バッテリーは1160mAhでグリップ部分に収められ、交換はできなくなりましたが、内蔵となったことで2K解像度であれば最大2時間の撮影が可能となりました。充電端子はUSB type-Cです。またmicroSDカード(最大256GB)で動画を記録し、スロットもグリップ部分にあります。

Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.1に対応しています。外形寸法は100.6×46.3×45.1mm、重量は130gです。

iPhone/Macとも連携可能に

前モデルの最大の難点は、(公式には)Samsungの「Galaxy S6/S7」「S6/S7 Edge」「S6 Edge+」「Note 5」にしか対応していないことでした。

新型モデルでは対応機種の幅を広げ、同日発表の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」、2017年モデルの「Galaxy A5」「Galaxy A7」だけでなく、「iPhone 7 / 7 Plus」「iPhone 6S / 6s Plus」「iPhone SE」にも対応。

さらにサムスンは機能強化された「Windows」向けソフトウェアと併せて、「Mac OS」搭載マシンにも閲覧や編集ができるデスクトップ向けソフトウェアも提供するということです。

一方、それ以外の「Android」搭載デバイスは、すべて未対応のようです

Gear 360アプリと連携することで、離れた場所からGear 360の360度動画/静止画の撮影やスティッチ、編集、シェアなどの操作が可能。また、スマートフォンからFacebook、YouTube、Samsung VRなどで2Kのライブ配信もできるようになりました。

新型Gear 360の発売予定時期は4月後半~5月ごろ。価格は価格は230ドル前後を予定しているということです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい