Samsung Galaxy S8 / S8+ついに発表!「ほぼ画面」のベゼルレスでスリム。世界初10nmプロセッサ搭載で高スペックの次世代スマホ誕生

サムスン電子は、米ニューヨークで開催中のイベントGalaxy UNPACKED 2017で、同社のフラッグシップ スマートフォンの新製品 Galaxy S8 / S8+ を正式に発表しました。

Galaxy S8製品情報ページ

【発表会の様子はこちらの記事で】

「ほぼ画面」のベゼルレスでスリム

Galaxy S8とGalaxy S8+は、Samsungのフラグシップスマホ「Galaxy S」シリーズの第8世代です。

S8は5.8インチ、S8+は6.2インチの2960 x 1440ピクセルで、画面アスペクト比 9:18.5のInfinite Display(Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ)を搭載しています。

ホームボタンを画面下に内蔵した「Invisible Home Button」となり、ナビゲーションキーが画面内に移動しました。

画面内のホームキーは感圧センサーに対応し、バックキーとタスクキーは端末設定で入れ替えられます。

ボディーは画面と背面にガラス素材、側面にアルミニウム素材を採用

ガラスはCorningの「Gorilla Glass 5」を採用しており、耐傷性と耐衝撃性を高めています。

画面は超ベゼルレスですが、横幅はS8が68.1mm、S8+が73.4mmとなり、S7 edgeと比べても、画面が大きくなったのにスリムな本体となりました。

横画面においては映画で多く使用される21:9のコンテンツでも、上下の黒帯部分を少なく表示でき、縦画面ではブラウザやSNSの情報をより多く表示できます。マルチウィンドウ機能で2つのアプリを並べて表示できるのは従来のGalaxyや他のAndroid 7.0搭載端末と同様ですが、動画を視聴しながらSNSアプリ等でチャットする、ということもできるように進化。アプリの特定の箇所を切り取って、画面上に常時表示させておける「Snap Window」機能も用意されています。

カメラでは「マルチフレームテクノロジー」で場面を切り取る

メインカメラには前モデル同様の1200万画素デュアルピクセルカメラを搭載

F1.7の明るいレンズや、3枚の写真を合成してブレを抑え、コントラストを最大化する「マルチフレームテクノロジー」で、さまざまな場面を美しく切り取ることができるように。

インカメラはF1.7レンズ、800万画素。インカメラにもオートフォーカス機能が搭載されることで、手ブレを抑えた自撮りを撮影できるようになりました。

世界初搭載10nmプロセッサでサクサクに

サムスン電子が製造する10nmプロセスプロセッサーを世界で初めて搭載。

性能の向上とともに低消費電力化を図り、S7に比べ21%CPU性能が向上したといいます。

CPUはSnapdragon 835 (2.3GHz 4コア + 1.7GHz 4コアのクアッドコア)、または地域によりExynosプロセッサを搭載します

メモリー(RAM)は4GBストレージ(ROM)は64GBで、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応。

モバイルネットワークはLTE(Category 16対応)、W-CDMAとGSMに対応し、市場によって「シングルSIMモデル」と「デュアルSIMモデル」が用意されるとのこと。デュアルSIMモデルはDSDSに対応しますが、2枚目のSIMカードとmicroSDは排他です。

バッテリー容量は、Galaxy S8が3000mAh、Galaxy S8 Plusが3500mAh。充電端子はUSB Type-Cで、ワイヤレス充電にも対応します

生体認証は、虹彩認証(Face shape含む)と指紋認証を両方備え、指紋センサーは背面カメラの横に。

AKGの高音質イヤホン付属で発売

S8/S8+には3.5mmヘッドホンジャックを搭載し、付属品としてAKGチューニングのカナル型デュアルドライバ イヤホンを同梱!

同ランクのAKG製品は100ドル程度(Engadget)ということですから1万円分お得です。笑

ボディカラーは、Midnight Black、Orchid Gray、Arctic Silver、Maple Gold、Coral Blueの5色。(日本向けにどの色が出るのか気になるところです)

またボディーはIP68の防水防塵に対応しています。

グローバルでの予約受付は3月30日、発売日は4月21日です。日本国内での発売時期や価格についてはまだ明らかにされていません。

デジタルアシスタント「Bixby」を初搭載

また、今回のGalaxy S8に似合わせて発表された、サムスンの新しいデジタルアシスタント「Bixby」に対応。

側面には専用ボタンがあり、対応アプリならばほとんどの操作が音声だけでできます。

持ち主のライフスタイルやスケジュールなど”コンテクスト”を理解して、リマインドや情報検索の最適化をしてくれるAIで、GoogleサービスやAmazonなどとも連携し、様々な情報を教えてくれます。

商品やランドマークなど、調べたいものにカメラを向けるだけで検索できる「Vision」、話すこととタップ操作を組み合わせて複数のアプリにまたがって検索できる「Voice」、AIが自動でユーザーの好みに合わせてカスタマイズする秘書のような「Home」や、時間だけでなく場所にも紐づいた「Reminder」といった機能を用意。スマートフォンの新たな使い方を提案します。

残念ながら日本語には対応しておらず、英語、スペイン語、韓国語で音声操作が利用できます。

おわりに

というわけで、Galaxy S8/S8+でした!

正直、リーク通りでしたが、なぜあんなに出回ってしまったのか…。

しかしリークを見ていても、発表会でのベゼルレスの印象は強く、「ほぼ画面!」と思わざるをえないほど。

めんたいガジェットフェスでも一部その話が出ましたが、落としても割れにくい強靭なガラスを採用して、背面までガラス。なんとも美しいデザインです。またカラーリングも5色登場し、この5色とも日本で登場してほしい..と思います。

カメラの進化点が少ないのが残念なところですが、Note7やS7 edgeのカメラは体験しましたがトップレベルの美しさですので、今回も搭載が決まったように思います。

またNote 7で注目を集めた虹彩認証も搭載し、指紋認証とダブルの生体認証というのはやはりGalaxyならでは。どちらもあると便利なことしか思い浮かびません!(指紋センサーが背面に移動した以外)

そしてプロセッサーの10nmプロセスプロセッサーは、やはりサムスン電子、流石です。市場によってCPUが異なるようですが、日本向けはSnapdragon 835だと思われます。

デジタルアシスタントのBixbyは残念ながら日本語対応はなし。GoogleさんのGoogleアシスタントもそうですが、やはり日本語のAIは難しいのか。早く手元のスマホで日本語のアシスタントを使ってみたいものです。

…とまあ言いたいことはたくさんありますがこのあたりで。

最後に一つ、有機ELのRGB3色塗り分け方式採用で少し鮮やかすぎる色味を直してください!(切実)

それでは、端末が”日本で”触れる日を待ちたいと思います!

では!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい