JR九州が25日上場へ 時価総額4000億円超で今年度IPOではLINEに次ぎ2位 “三島会社”では初

週末から風邪を引いておりました。。季節の変わりはじめなのでみなさんも風邪にはお気をつけください!

というわけで今日は来週に迫ったJR九州上場についてです。

時価総額は4160億円

 25日に新規上場するJR九州の株式の売り出し価格(公開価格)が仮条件の上限にあたる1株2600円に決まりました。時価総額は4160億円で、2016年の新規株式公開(IPO)銘柄の中では2番目の大きさですが、今年首位で7月に上場したLINEと比べると半分ほどになる見通しです。

民営化IPOはほぼ失敗なし?

 17日に東証がJR九州の公開価格を発表すると、SNSでら投資家たちの書き込みが溢れました。「民営化案件のIPOは失敗が少ない」ということもあり、まずは注目を集めているよう。

 過去のIPOを振り返ると、民営化案件が出だしでつまずいた例はほぼないんです。「少しのことではつぶれない」、「配当が安定していそう」といったイメージが強く、個人の人気を集めやすいためだです。

 記憶に新しいのが昨年新規上場した郵政3社。日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険は、上場初日にそろって公開価格を2~3割上回る初値を付けました。少し古い例だと、1993年上場のJR東日本の場合、初値は公開価格の1.6倍に達しました。過去の旧政府系企業で上場時の初値が公開価格を下回ったのは日本たばこ産業(JT)1社しかないのです。

課題は「成長性」

 しかし民営化案件は出だしに失敗が少ないとはいえ、IPO株の醍醐味「成長性」をみると、必ずしも順風満帆とはいえません。昨年の郵政3社の場合、上場直後の船出は順調でしたが、年明けに日銀によるマイナス金利政策という大逆風が吹き、株価も失速。株価は上場時の初値からそれぞれ2~3割安に沈んだままです。

 その一方で、IPO銘柄の中には民営化案件に比べて収益の安定性が低くても、成長性への期待から人気が長く続くものもあります。7月に上場したLINEをみると、上場当時の時価総額を計算すると約7000億円で、JR九州の1.7倍にあたります。LINEは上場直後は荒っぽい値動きが目立ち、初値比で2割強下落する場面がありましたが、格安スマホへの参入や今期黒字化計画などで期待をつなぎ、株価は反転。9月には上場初日に付けた高値を更新しました。

“三島会社”で初

unnamed JR本州3社に比べて経営基盤が弱いJR北海道、四国、九州の“三島会社”で初めての上場を目指すJR九州ですが、2015年の連結決算では“本業”の鉄道事業の売上は全体の4割。鉄道の営業利益は105億円の赤字です。

 一方、不動産や外食、薬局など鉄道以外の“副業”は合計323億円の黒字。本業が副業に支えられての上場になりました。

好調の副業、足を引く本業

images-1 九州新幹線の全線開通とともに誕生したJR博多シティ。九州最大のターミナル駅にある巨大な駅ビルは、阪急百貨店も進出し、またJR九州自身の専門店街ブランド「アミュプラザ」も入り、これまで福岡市の商業の中心だったのは西日本鉄道のターミナル、福岡(天神)駅周辺の“天神地区”でしたが、今となっては天神・博多の2地区に百貨店など多くの商業施設が並び、中心は2つできました。私も福岡出身ですが、JR博多シティができてからは、JR博多駅のイメージは変わり、これまでは天神にしか行っていなかったのですが博多へ行く機会も多くなりました。

 もちろん福岡だけでなく、長崎や鹿児島、そして今年は大分にもアミュプラザを誕生させ、他にも薬局事業や外食事業、そして九州一のタワーマンションを完成させることや九州大学の旧キャンパス跡地開発でも話題の不動産事業など、JR九州ブランドの浸透力は物凄いです。アジアの玄関口として今後の成長も期待できるでしょう。

おわりに

 というわけで今回はJR九州の上場についてみてきました。

 問題は、上場直後の注目が薄れた後も長い上昇基調を描けるか。

 九州新幹線や「ななつ星」「A列車で行こう!」など観光列車需要の掘り起こしや、不動産事業の収益化などでどこまで、他の鉄道大手とは違う独自色を出していけるかがカギとなりそうですね。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい