#めんたいガジェットフェス 2017参加レポート!サムスンにトリニティにASUSにバッファロー、著名ジャーナリストのセッションも!

こんにちは!3月19日日曜日、九州は福岡の博多で、九州発のガジェットイベント「めんたいガジェットフェス」が開催されております!

今回で3回目となる「めんたい3」。

福岡での開催にも関わらず、関西や関東、香港からもたくさんの方が参加されていて、いい意味でゆるいイベントです笑

記事は随時更新しておりましたが、だんだん疲れてきて、最後の方はちょっと写真も記事も少ないですがご容赦ください笑

*3月21日、更新終了

概要はこんな感じ。

めんたいガジェットフェス実行委員会
委員長 光瀬 誠 メンバー 迎 悟

九州から発信するガジェット系イベント「めんたいガジェットフェス2017(通称:めんたい3)」。「ドキドキとワクワクをもう一度!」をテーマに皆様に「ドキドキ」と「ワクワク」をお届けいたします。

過去2回と同様、今回も業界の著名人やメーカーによるセッションとタッチアンドトライを実施いたします。
なかなか地方ではこのような機会は滅多にないため、「ユーザーの声」を届けるチャンスではないでしょうか。

また、今回は二代目週間リスキー局長ことゆうこば氏と強力なタッグを組み、様々な企画を用意しております。こちらも合わせてご期待ください。会場で皆様にお会いできることを楽しみにしております。(一部抜粋)

協賛メーカー
トリニティ株式会社
株式会社バッファロー
サムスン電子ジャパン株式会社
ASUS JAPAN株式会社

2017年03月19日(日)
10:00 ~ 10:05開会の挨拶
10:10 ~ 10:40オープニングセッション~今年もやっちゃいます!2016年のモバイル業界を振り返り、今後の展開を大胆予測!(めんたいガジェットフェス実行委員会)
11:00 ~ 12:00NuAns NEO [Reloaded]の表と裏、発表していることしていないこと(トリニティ株式会社)
13:20 ~ 14:20セッション3(ASUS JAPAN株式会社)
14:35 ~ 15:35セッション4(Galaxy)
15:50 ~ 16:50セッション5(週間リスキー)
16:50 ~ 17:15抽選会・閉会の挨拶

オープニングセッション

さてさて開会からレポです。

前回のめんたいでは、Twitterのハッシュタグが上位にランクインしたということで、今回も「#めんたいガジェットフェス」で!とアナウンス。僕もつぶやいてました笑

最初のオープニングセッションのアジェンダです。

ギリギリに来ちゃって後ろの方に座っちゃったので、遠くてごめんなさい!

こちらがスピーカーのお2人です。

そして2016年のトピックということで、主にキャリアと格安SIMの構図のお話。

総務省は携帯業界を健全化するべく動き出してたわけですが、その結果はまあ、見ての通り。

誰もが得をしない環境が出来上がった側面がありました。

そしてまあお察しのスライドがこれです笑

キノコと白犬と三太郎…w

そうした中で台頭してきたのが格安SIM。その問題点ももちろんお話にありました。

続いて2017年のモバイル業界、ということで、

ここでAyano*さんが登壇!お美しい!

CESやMWCのレポートを、映像とともに紹介いただきました。

2017年を大胆予測!

ということでスピーカーのお3方が

・iPhoneのFelica対応、NuAns NEOも対応して、SIMフリー端末もFelicaを捨てられなくなるのでは?

 

・格安スマホも盛り上がる中、特性のある機種(おサイフケータイ、防水・カメラに特化したような端末)がどれだけ浸透するか

・キャリア端末から買い替えできないのは、「SIMフリー端末はアレができないんでしょ」があるからなので、それが改善されるのか

・MWCなどでも、フロントカメラでも美しく撮れる端末が増えて、自撮り文化に追いついてきたので、その進化が気になる

・イケメンカメラほしい!笑

と予測!2017年も進化が気になります。

トリニティ星川社長がNuAns NEOの魅力を力説

 

星川社長は、トリニティ株式会社の社長です。

会社は創業11年目。埼玉県新座市に本拠をおいていて、社員は15人だそう。

 

NuAnsのコンセプトの紹介です。

ライフスタイルの変化で、トリニティが考えたのは、デジタルが生活に溶け込むデザインです。

リビングの中で使うガジェットとしての作り方を目指して、インテリアと交わったような製品づくりを行ったといいます。

NuAnsの名前の由来は、Nuances とNew Answers。

トリニティは、これまでiPhoneのアクセサリーを中心に、モバイルバッテリーやライトスタンド、デザイン性の高いケーブルなどを発売してきました。

しかしながらライフスタイルの中心はスマートフォン。

10年間iPhoneのアクセを作った企業として、iPhoneのデザインをフォローする既存のスマートフォンないことに気づいたといいます。

今までのスマホは金属…ということで、もっとインテリアに溶け込んだものを!ということで、

NuAns NEO―。

すべて1から設計してデザインした全く新しいスマホが開発されました。

テーマの1つとなったのは、薄さ競争からの脱却。

一番持ちやすい、持ちやすさを最大限に考慮したシェイプデザイン(=11mm)で、最近の端末としてはかなり厚めで、工場で生産する際も「厚すぎて売れないヨ」と言われたが押し切って生産したといいます。

大容量のバッテリー=3350mAh(iphone6sの二倍)を搭載し、美しい端子の配置と造形を目指しました。

一番のポイントがこれ。新Coreシステム(スマホ本体)で、スマホ本体と装飾カバーの分離設計がなされていることです。

「XperiaになくてiPhoneにあるもの」を考えた時に、その答えはアクセサリーでした。

本体と装飾部を分けることでカスタマイズが可能となり、カバーに手帳型と本体に直接はめる形の2種類を用意しました。

またツートンカラーのデザインにして、組み合わせを楽しめる(TWOTONE)で、自分好みにカスタマイズができることがなによりの特徴でしょう。

それぞれのカバーの説明がされましたが、やっぱりものすごい数です。

さらには3Dデータを無償公開していて、3Dプリンターなどで作成が可能。自分でカバーが作れるようになっています。

プラスチックのみのカバーも提供して、シールなどを貼って自分でカスタマイズもできます。

ほんとのオリジナル性が出て素晴らしいです。

そして、NuAns NEOはグッドデザイン賞の特別賞[ものづくり]、BEST100に選ばれました。

さて、

ようやく新作のお話!!NuAns NEO Reloadedのお話です!

新たなる挑戦、スマートフォンの頂点へということで開発がされたNEO Reloaded。

最初のスライドはこれ笑

Amazonフライングのお話もしていただいて、発表会で使ったフェイクスライド出てきましたw

1年間のマーケットからのフィードバックを通して、満足度の高いデザインは継承されました。

そしてAndroidに。

win10mユーザーの95%がAndroidが希望したということで、最新のAndroid 7 Nougatの採用が決まりました。

星川社長は、「WIndowsのスマートフォンを作るのが目的ではなく、お客さんの欲しいあたらしい製品が欲しかった」と語ります。

しかしながらAndroidにも弱点があると語ります。

端末メーカーがカスタマイズしたUIやシステム、アップデートは端末メーカーごとに実施していて、最新のアプデをすぐに受けられない!という点です。

Androidの弱点を克服するアフターサービスを!ということで、NuAns NEO Reloadedは、カスタマイズのないandroid。

そしてセキュリティパッチをなるべく毎月配信の意向で、アップデートなどをすぐに提供します。

そして「スマホ本体」のお話。

これはまあ記事も書いたので省略いたします。(過去記事参照)

ディスプレイのサイズアップ、液晶はsharp製、full HDに。ガラスも旭硝子。

指紋認証も「さりげなく」配置して、

幅広いバンドに対応。日本のほとんどのユーザーにアプローチできるよう、3キャリアに対応です。

フロント、リアともにソニー製センサーのCMOSセンサーを採用。

高速AFを実現する、像面位相差AF。

フロント800万画素、広角24mmでセルフィーに最適だと謳います。

huawei ASUS FreetelがSIMフリーで7割を占める市場で、3社にない機能は防水防塵!

というわけでIP54の防塵・防滴機能に対応!

そしてなんといっても、SIMフリー初のおサイフケータイ!!日本のライフスタイルに必要なものだ!ということですべてのサービスが使えます(商標許可が下りれば名前が出るらしい)

NuAns NEO Reloadedは5月中の発売を予定しており、価格は4万9800円(税込)となっています。また、初代NuAns NEOも2万9800円(税込)に値下げされて継続販売されます。

ASUSはZenFone3筆頭に大盤振る舞い(笑)

お昼休みを挟んで2つめのセッションはASUS JAPAN!

ASUSの企業紹介、そして製品づくりについての説明があり、

windows 2in1タブ、Androidタブ、SIMフリースマホでNO.1!!

そしてBCN AWARD(SIMフリースマホ)を2年連続受賞!という華々しい業績。

そしてZenfone3のご紹介も。

(写真とメモが追いつかず省略です…申し訳ないです)

そして「ASUS恒例」の「じゃんけんターーーーイム」!

景品はバッグやモバイルバッテリー、ネックストラップなどや、Zen太郎のぬいぐるみなどなどたくさんのプレゼントが!

なんと最後にはZenFone3のプレゼントも有りました!(まあ、何もゲットできなかったわけですが)

Samsungセッション:Next Galaxy Unpacked、Note7の話も!

続いて初めてのめんたい参加となるサムスン電子!Galaxyの話をたくさん聞けました!

登壇したのは、山根博士ゆうこばさん、そしてサムスン電子の糸櫻さん!

糸櫻さんは、#Galaxy中の人 として活躍するGalaxyの伝道師。山根博士はー、言わなくてもわかりますよね(笑)

最初に話題になったのはもちろんアレ、Galaxy Note 7!

ことの顛末は過去記事に書きましたが、Note 7の当時のPR映像が流されて一同笑いw

「Note7のあの件については申し訳ございませんでした」と謝罪する場面もありました笑

リチウムイオンバッテリーってそもそも危ないよね、という再認識のきっかけとしてGALAXY Note 7の事件は良かった、という山根博士の声もありましたね。

にしても山根博士はNote 7をほんとに惜しがってました笑

つづいてGalaxyスマホを中心とする「Phone+」の世界のお話。

2018年のオリンピックをVRでも楽しめるかも?というお話も出ましたが、ほんとにGalaxyの周辺機器のラインナップは凄いです。

そして「Meaningful Innovation(=意味のある革新)」ということで、今後のスマの展開がどうなるのか、という話です。

VRにスマホカメラを利用してさらに臨場感のある体験ができる、IoTに5Gが組み合わされば、端末同士が勝手に通信を行う時代がくる、といった話が出てきました。スーツケースが勝手に通信…ってとこでかなり盛り上がりましたね笑

続きまして、ついに、この話です!Next Galaxy Unpacked(過去記事)!

もちろん、その詳細は殆ど語られませんでしたが、ちょいちょい山根博士が突っ込んだ質問をして、少しだけバレちゃいましたがそこはこの会場にいたみなさんだけのオフレコということにします笑

「みんなが知ってるようなスマートフォンでいいんですか?」と語っていました、ということに収めたいと思います。

にしても3月29日、一体どんな新しいGalaxy「スマートフォン」が出てくるのか、楽しみです!

www.samsung.com/galaxyから、日本時間30日深夜に発表会が生中継を見れます。

最後に質疑応答では、山根博士が「ケースで儲けようとしている会社にロクな会社はない」!なんて言ったら、スマホフアクセサリーを製造する会社ミヤビックスさんがいらっしゃっていて、質問で「儲けてる会社なんですがぁ…」という場面もありました笑

質問で多くあったのは、やはり「Note 7ロス」の声。果たしてNote 7ロスに見合う端末が登場するのか、楽しみです!

ASCIIから週間リスキーのセッション!

週間リスキーのセッションでは、ゆうこばさん、山根博士、そしてスペシャルゲストにアノ人が登場!

が、残念ながら、かなりのぶっちゃけトークがあるとのことで共有禁止!写真も駄目!

お話はほんとにぶっちゃけだらけで楽しかったです笑 山根博士のかわいらしい一面もあって良かったですw

公式に認められた一言だけ書いておきますと、「oppoにソッポ」ですw

 週間リスキー

豪華抽選会!!

さてさて最後に行われた抽選会。

ASUSのHDD(500GB)、ASUS ZenPower(モバイルバッテリー)、ASUS PCグラス、トリニティのNuAns Tシャツ、ASCII歴代付録セット、Ayano*さんのお土産セット、Engadgetよりレアな昔のMWCのカバン、iPhoneケース、GalaxyのNote(笑)(でもレア!)、ドロイド君のピンズ、Googleのレアピン、ASUSスマホ手袋と、マニアックな豪華製品がたくさん!

僕はASUSさんのスマホ手袋が当たりました!ありがとうございます!

まためんたいガジェットフェスのステッカーとバッジは全員にプレゼントでした!

展示会ではハンズオンも

展示会会場では、参加各企業のブースが設けられ、ASUS、Galaxy、バッファロー、トリニティの各ブースでそれぞれの製品の展示やハンズオンができました。

こちらはASUSブース。先日登場したZenWatch3

zenfone3などなどが展示されていました

こちらがトリニティブース。

NuAns NEO Reloadedの新カバー含め、本体端末も触ることができました。(本体端末はまだ完全に完成ではないとのことなのでレビューは略)

TWOTONEカバーも新色・新素材が発表されました。タッチアンドトライでは現状発売されものと、今回発表されていたすべてのTWOTONEカバーを使用できるようになっています。

もちろんこれらだけでなく、トリニティのアクセサリー、デザイン性の高いケーブルやバッテリー、ライトスタンドなどなどが展示されていました。星川社長にお話を伺ったところ、これまではiPhone向けアクセサリーとしてバッテリーやケーブルはLightningのみの対応でしたが、NuAns NEO ReloadedがUSB-C端子となることに合わせてバッテリーとケーブルはAndroid向けの充電器として新製品が登場するかもしれない、とのことです!そうなれば是非購入したい!楽しみです。

バッファローさんは登壇こそなかったものの、100人規模のイベント会場などで敷設可能な公衆Wi-Fiサービス「FREESPOT」を提供いただきました。この製品は今回が初めての実践使用とのことですが、初回接続時に少し不安定な部分はあったものの、ガジェットファンだらけで100人なのに150台、200台という端末を同時に接続していても、スピードは速かったです。こんなに(ルンバのように)コンパクトで100人規模で同時提供できるのは凄いです。展示会の端末のための「業務用Wi-Fi」(お察し)もこのFREESPOTから提供できるようです。

Galaxy Studioも大盛況

Galaxyさんももちろん展示会場に参加。ちょっと時間がなくてあんまり見れなかったので残念でした。。

福岡天神で開催中のGalaxy Studioでめんたいガジェットフェスでもらったシールを提示すると、Galaxy特製クリーニングクロスがもらえる!ということもあり、多くの参加者がこちらにも行っていました。

Galaxy Studioでは、Galaxy S7 edgeをはじめ、Gear VRやGear S3の体験や、VRを利用したジェットコースター・MTB・カヌー体験ができたりと大変面白かったです。一般のお客さんも気軽に立ち寄って楽しめる、そんなスペースでした。

そして、余談ではありますが、

体験ブースを回ってスタンプを集めて参加できるLucky Slotで、

一緒に参加した友人の@ware_gadgetTMがGear S3を当てやがりました。。。

いやあ、羨ましいなあ…。笑 帰りはずっと虚無感でいっぱいでした笑

おわりに

というわけで、めんたいガジェットフェス現場レポートでした!!

普段読んでいるブログ方やTwitterでつながっている方、そして山根博士やゆうこばさん、Ayano*さんなどなど著名な皆さんにもお会い出来て楽しかったです!

お世話になりました皆さん、ありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい