京阪大津線、車両カラー変更へ 京阪グリーンで統一化 路線識別マークも導入でびわ湖・淀川水系の観光ルート化推進

京阪電気鉄道は3月13日、京阪大津線(京津線・石山坂本線)の全車両のカラーデザインを順次変更すると発表しました。

今年4月から塗装工事に着手して、塗装変更が完了した1編成目(700形)は6月から営業運転開始。全車両の塗装変更完了は2020年度を予定しています。

京阪HDニュースリリース

京阪京津線を走る800形

京阪大津線は京都市営地下鉄東西線と直通運転する京津線(御陵~浜大津)、石山坂本線(石山寺~坂本)からなり、京津線では琵琶湖の湖面をイメージしたパステルブルーに灰白色と刈安(イエロー)色を採用した800系、石山坂本線ではおもに若草色・青緑色のツートンカラーをまとった600形・700形が走っています。

今回の塗装変更により、大津線の車両は京阪本線の一般車両と同様のカラーデザインとなり、京阪電車の車両イメージの統一が図られることになります。

カラーデザインには、京阪線一般車両と同様のものを採用し、京阪電車の企業カラーを象徴する伝統色「緑色」に白色を織り交ぜることで、現代的感覚をプラスしたカラーデザインとなっています。

塗装変更は京津線800系32両、石山坂本線600形20両・700形10両を対象に行われ、各形式とも車体上部に濃緑色(レスト・グリーン)、帯に黄緑色(フレッシュ・グリーン)、車体下部に白色(アトモス・ホワイト)を採用したカラーデザインになります。車両デザイン変更の1編成目となる石山坂本線700形は6月から営業運転を開始し、2021年3月をめどに大津線全車両の塗装変更が完了する予定です。

また、車両カラー変更に合わせて、両路線を識別しやすくするための路線識別マークも設定されます。京津線・石山坂本線の車両が同じ配色となることから行先表示器と並べて表示することで、両路線を識別しやすくし、利便性を高めます。

京津線は「山を越えて東西へ」をコンセプトに、山をイメージした三角形の下に4両編成の電車を抽象化した破線をデザインし、沿線の緑を感じさせるカラーを採用。石山坂本線は「湖のほとりを南北へ」をコンセプトに、琵琶湖をイメージした逆三角形の左側に2両編成の電車を抽象化した破線をデザインし、沿線に点在する歴史的な寺社仏閣の歴史を感じさせるカラーを採用しています。

京阪グループでは、中期経営計画の主軸戦略の一つと して「観光創造」を掲げており、びわ湖~京都・岡崎エリアの観光活性化比叡山を含むびわ湖・淀川水系を「水の路」として観光ルート化し“人の流れ”の創出に取り組んでいます。今回の大津線車両のカラーデザイン変更や2018年に予定している大津線4駅の駅名変更(過去記事)などにより、「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」としてのイメージを訴求し、観光客のさらなる誘致を図りたいとしています。

車両デザイン変更の1編成目となる石山坂本線700形は6月から営業運転を開始し、同時に路線識別マークの運用も開始されます。その後も塗装工事を順次進め、2021年3月をめどに大津線全車両の塗装変更が完了する予定となっています。

個人的な感想ですが、京津線の水色の電車・800形の色が好きだったのでちょっと残念です。京津線800形は京都市営地下鉄東西線にも乗り入れて、路面電車で、さらに逢坂山の急勾配を登るという特殊な路線なので、1mあたりの車両単価が新幹線並みかそれ以上に高い!と噂の電車。それがすぐわかる水色なので残念ですねえ。

ちなみにですが、路線識別マークは京阪中之島線で始まっていました。京橋駅に合った大きな看板の写真ですがこんな感じです。

やっぱり京阪のデザインは全体的に好きです。笑

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい