【MWC2017】LINE、AIプラットホーム「Clova」搭載のスマートスピーカー「WAVE」を夏に発売へ Amazon、Googleへ対抗する「AI戦略」

LINEは、スペイン・バルセロナで開催されたモバイル・通信技術の展示会「MWC 2017」でクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表しました。今後、初の自社デバイスとなるスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を今夏にも日本と韓国で発売する予定で、今冬にはスマートディスプレイ「FACE(フェース)」の提供もおこなうということです。

LINEプレスリリース

Clova公式サイト

「Clova」を搭載したアプリ、スマートスピーカー「WAVE」を初夏ローンチ

LINEはこれまでに、メッセンジャーを軸としたプラットフォームを構築し、スマートフォンのインターフェースに合わせてコンテンツ全てを最適化し、「LINEからすべてがつながる世界」を目指したスマートポータル構想を推進して成長を遂げてきました。

そこで次のパラダイムは五感を通じたAIであり、情報とインターフェースの関係はAIの進化によって革命的に変わっていくということを確信し、このたび、LINEの新たな戦略として、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表した、という経緯です。

Clovaは、LINEとグループ企業である韓国NAVERとの共同プロジェクト。Clovaを搭載した製品として、アプリ「Clova App」と、初の同社デバイスとなるスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を、初夏に日本と韓国で発売する予定。話かけると音声で会話をしたり、ニュースや天気、コマースなどのサービスを利用できるほか、音声で家の電気のオンオフなどができるホームコントールなども可能にする予定です。アジア地域を始め、LINEが事業を展開する各国に順次提供していくということです。2017年冬には、スマートディスプレイ「FACE(フェース)」も提供する予定です。

さらにはソニーモバイルコミュニケーションズやタカラトミーをはじめとしたメーカーとのパートナーシップを提携。バーチャルホームロボット「Gatebox」を開発、展開するウィンクルと資本業務提携を実施して子会社化しました。

「Gatebox」はフィギュアサイズのキャラクターと一緒に暮らせる日常を目指して開発された、キャラクター投影機能を持つ音声認識AIアシスタントです。日常生活を二次元キャラクターが手伝ってくれるというこのGateboxは2016年1月に発表され、まさにアニメ大国日本が日本人のために生み出したホームアシスタントです。

LINEがつくる「良質でスマートなAI」

「Clova」は、

  • LINE が持つ、チャットをベースとしたコミュニケーション技術
  • NAVERが持つ検索技術
  • LINEとNAVERが持つ豊富なコンテンツやサービス
  • LINEとNAVERが持つ数多くのユーザーベースとビックデータ

を保有し、量・質ともに兼ね備えた学習データを使用することができる良質でスマートなAIという特徴を持っています。

技術的には、頭脳に相当する「Clova Brain」と、五感に相当する「Clova Interface」によって構成され、Brainは自然言語理解、レコメンドエンジン、検索エンジンなどを含み、Clova Interfaceには、音声認識・音声合成の「Clova Voice」や画像認識の「Clova Vision」などが含まれます。

インターフェースとコンテンツを単に結びつけるのではなく、Brainで受け取った情報を理解して音声で回答したり、適切なコンテンツサービスをレコメンドしたりするといった「最適化した回答」を提示。ユーザーの嗜好などを学び、使えば使うほど賢くなります。Clova BrainとClova Interfaceを中核に、デバイスとのインターフェースとなる「Clova Interface Connect」、コンテンツやサービスとの連携のための「Clova Extension Kit」を備えています。これにより、デバイスやインターフェース、コンテンツ、サービスまで最適化された一貫したユーザー体験を提供できるようになるとしています。

Google、Amazon… ビックプレーヤーひしめく市場

AIや音声ナビゲーションを使ったサービスは、AmazonのAlexaGoogleがGoogleアシスタントを立ち上げていて、Alexaは、Amazon Echo、GoogleアシスタントはGoogle Homeといったデバイスが既に登場しています。

1月のCESでも、冷蔵庫や車、スマートフォンなど、幅広いデバイスがAlexa対応を表明していました。

既にビックプレーヤーがひしめいている市場なわけです。

にもかかわらず、LINEがあえてこの分野に参入した狙いは、地域性とコンテンツにあるといいます。

AIはローカルの言語、文化、サービスにいかに寄り添っていくのかが重要な技術。LINEは、日本をはじめ、台湾やタイなどでメッセンジャーサービスとしてシェア1位。NAVERも、韓国では検索ポータルサービスでNo.1。Googleが検索でトップを取れなかった数少ない地域の1つなんです。

さまざまなコンテンツの中から、いかにユーザーが満足いく回答をするか。AIの機械学習は、学習させるデータの量と質で決まります。既に必要なコンテンツを持っているのはLINEとNAVERの大きな強みとなりました。

実際、AlexaやGoogleアシスタントは、世界的に話題を集める一方で、進出している地域は非常に限定的。米国や欧州の一部国のみでしかいまは使えません。

そこでLINEはまだビックプレーヤーが手薄で、既に地盤を固めているアジアで参入を決定

LINEとしては「ポストスマートフォン」を模索する中で見つけた答えが「AI」だったのでしょう。

対応デバイスは、LINEのこれまでの戦略と同様、段階を経て順次広げていく方針で、4月~6月の間に、日本と韓国で「Clova App」を公開。初夏にスマートスピーカーのWAVEを販売し、次のステップとしてソニーモバイル、LG、タカラトミーなど、限定したパートナーが対応デバイスを開発。最終的には、サードパーティへAPIを開放する予定だということです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい