19年全線開業!「おおさか東線」、うめきたにも接続!?非利用者にもあるそのメリットとは

先月29日、JR西日本は大阪府東部を南北に結ぶ「おおさか東線」の未開業区間(新大阪―放出)に新設する4駅の概要を発表しました。

仮称の駅名は西吹田と淡路、都島、野江で、2019年春の開業を目指しています。

今回はシリーズ大阪鉄道新線第3弾、おおさか東線を見ていきたいと思います!

おおさか東線の概要

201_250323_5a おおさか東線は、第三セクターの大阪外環状鉄道が施設を建設・保有し、JR西日本が運行を担う上下分離方式を採用した路線。総事業費は1197億円です。

線路は元々この区間にあった城東貨物線を旅客化・複線化して改良します。

南区間の放出―久宝寺間は2008年に開業。2019年春に新大阪ー久宝寺間の全区間開業を目指します。

おおさか東線は、大阪市中心部から放射状に延びる私鉄・地下鉄などを南北に結び、東海道・山陽新幹線や梅田ビジネス街などへのアクセス向上が期待されています。北区間の開業による全通まで、あと3年です。

東海道線に接続

北区間で最も大がかりな工事は、高架線路を新設する「西吹田(仮称)付近(東海道線乗り越し部)」です。これまで城東貨物線は、東海道線と京都方で合流するルートでしたが新大阪乗り入れのため、大阪方で梅田貨物線(東海道線支線)と合流する高架線路を建設します。さらにその曲線上には、西吹田駅(仮称)も新設するのです。

つまちJR京都線(東海道線)と合流する地点で JR京都線の複々線を高架で跨ぎ、その上に新駅を設置。JR京都線の西側を並走する梅田貨物線に乗り入れ、新大阪へ向かいます。東淀川駅には停車しません。新大阪駅では 最も西側のホーム(旧11・12番のりば)に乗り入れる予定です。

20141228_osakami1-600x300

放射状に延びる鉄道網を南北に結ぶ

おおさか東線は、なんと言っても市内中心部から放射状に延びる地下鉄・私鉄・JR路線を南北に結ぶことです。設置される新駅も、そのほとんどが各路線と乗換ができるような位置にできる予定です。

【南区間】

久宝寺・新加美駅―JR大和路線(関西本線)と接続

(新)衣摺駅

JR俊徳道駅―近鉄大阪線に接続

JR河内永和駅―近鉄奈良線に接続

高井戸中央駅―地下鉄中央線・近鉄けいはんな線と接続

放出駅―JR片町線(学研都市線)に接続

【北区間】

鴫野駅―地下鉄今里筋線・JR片町線(学研都市線)に接続

(新)野江駅―京阪本線に接続

(新)都島駅

(新)淡路駅―阪急京都線・阪急千里線に接続

(新)西吹田駅

新大阪駅―新幹線・JR京都線(東海道本線)・地下鉄御堂筋線に接続

8

うめきた新駅にも乗り入れ検討!?

%e3%81%aa%e3%81%ab%e3%82%8f%e7%ad%8b

 

以前お伝えした、うめきた新駅ですが、そこに新大阪の次の駅としておおさか東線が乗り入れるかもしれません。そうすれば、現在検討されている特急はるかやくろしおなどの停車だけでなく、おおさか東線として一般在来線がJR東海道本線以外で大阪梅田につながることになります。
うめきた新駅の開業は2023年春。放出~新大阪間開業の4年後になる予定です。

【なにわ筋線についての最新記事】

大阪外環状としての役割担うか

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%b7%af%e7%b7%9a%e5%9b%b3%ef%bc%88%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%95%e3%81%8b%e6%9d%b1%e7%b7%9a%ef%bc%89

大阪環状線の混雑緩和、ダイヤの安定化が期待される大阪環状線と梅田貨物線の旅客転用。

これらの完成によって、現在の大和路快速などが新たに天王寺発でなくうめきた発になったり、天王寺を発車してうめきたからおおさか東線に入り、外環状を回って奈良方面に抜けるルートなんかも考えられますし、奈良方面からJRゆめ咲線に乗り入れUSJにつながる電車も運行されるかもしれません。

こんな新たな可能性だらけですが、鉄道への効果だけではありません。まちづくりも変えています。

001lJR西日本が公開した新駅のデザインコンセプトは「地域が刻んできた歴史と、暮らす人々のつながりを感じる駅」で、淀川や神崎川を渡る区間でもあることから「水都・水運の歴史」「水辺の自然の豊かさ」「人のつながり」もキーワードに挙げられています。

例えば西吹田(仮称)駅は「神崎川の水資源を生かした水田、くわいの栽培地であった地域の歴史・風土のあるまち」であることから「神崎川と水路の風景」がデザインコンセプトに。阪急京都線・千里線と接続する淡路(仮称)駅のデザインコンセプトは「菅原道真と淡路」で、平安時代に菅原道真が中州であったこの地を淡路島と間違え、上陸したことに由来する地名と伝えられることから、当時の川の流れを地形などを表現した駅になるということです。

804d64bf922eb9499f3d5b06c25a2cf4

そして西吹田駅(仮称)周辺では、おおさか東線の開業に合わせて新たな都市計画道路や道路課回収、阪急線の立体交差計画なども進んでいます。

おわりに

いよいよ3年後の全線開業に向けて、着々と工事の進むおおさか東線。これらの計画に合わせて、うめきた新駅構想も、どの路線を乗り入れさせるかの議論もどんどん進んでいます。

もしかしたらなにわ筋線も復活するかも…。。。そんなことになったら大阪の街に二つの円ができて、かなり混雑緩和と大阪環状線が安定するでしょうし、空港や新幹線駅へのアクセスは格段に良くなりそうです。

いろいろと楽しみの迫ってい先10年の鉄道新線プロジェクト。他にも京阪中之島線の延伸や阪急の十三ー新大阪連絡線構想、大阪万博誘致が成功すればさらなる新線建設も実現しそうですね。

楽しみです!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい