ポケモンGO、今度は熊本・大分でレアポケモン出現 被災地自治体とのコラボ企画第2弾 3/4から3/13まで

Pokemon GOの運営元Nianticは、熊本地震の被災地となった熊本県などとコラボレーションを実施し、3月4日~3月13日まで、熊本県全域と、大分県由布市・別府市で、「ポケモンGO」でレアポケモンとなっている「カビゴン」の出現率をアップすることを明らかにしました。

Pokemon Go公式サイト

3月2日の午後に公式Twitterで発表されたこの情報。原文がこちら。

熊本県全域、及び大分県由布市、別府市で、カビゴンが現れやすくなるとの情報が届きました。ポケモンのふえに起こされたのでしょうか?この現象は3/4から3/13まで続くようです!現地は復興作業が続いている地域、場所がございます。危険な場所には立ち入らず、熊本、大分を楽しんでくださいね!

この企画は、Pokemon GOの運営元Nianticが、昨年8月に東日本大震災の被災地となった宮城県、岩手県、福島県、熊本地震で被害を受けた熊本県とコラボレーションを実施すると発表(過去記事)したもの。

宮城県は11月12日、石巻市で「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」と題したイベントを実施し、約1万人が来場したと発表し、イベントと連動し、Nianticは11月11~21日、珍しいポケモン「ラプラス」が宮城県などの沿岸部に出現しやすくなるイベントを実施。対象地域だった石巻市には多くのユーザーが殺到しました。

(詳しくは過去記事参照「ポケモンGO レアポケモンで被災地・石巻に10万人、経済効果は20億円」)

宮城県の試算によれば、Explore Miyagiの来場者を含め、11日間で約10万人がラプラスを目当てに訪れていたといい、第一弾は大成功しました。

現在は、コアなユーザーやウォーキングを一緒に楽しむユーザーなどを中心に人気が続いているポケモンGO。

昨年7月の公開時の爆発的なブームは抑えられたものの、歩いていたりすると意外にやっている人は多いです。

テレビなどでも取り上げられていましたが、中高年世代は運動不足の解消にウォーキングと一緒に楽しんでいるようです。

今後もこんな風に自治体や企業などとのコラボイベントなども開催されるようで、人気はまだまだ続きそうです!

【ポケモンGO関連記事一覧】

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい