【MWC2017】ソニーが「Xperia XZ Premium」など4機種発表 カメラ強化の4Kフラッグシップで世界を席巻できるか

ソニーモバイルコミュニケーションズは2月27日(現地時間)、スペイン・バルセロナで開催中のモバイル・通信技術の展示会「MWC 2017」にて、Xperia Xシリーズの最新モデル4機種を発表しました。また昨年のMWCで発表したXperia Projectorを「Xperia Touch」として発売することもあわせて発表しています。

ソニーモバイルコミュニケーションズ プレスリリース

*記事の内容は、2月27日17時の発表時点の内容です。追加の情報が発表され次第、追記します。

スペック表は一番下です

Xperia XZ Plemium

「Xperia XZ Premium」は、クアルコムのSnapdragon 835を搭載した最上位モデル。

最大960fpsのスーパースローモーション撮影機能や5.5インチの4K HDRディスプレイを搭載し、下り最大1Gbpsの通信に対応します。

まず液晶は、世界初のハイダイナミックレンジ(HDR)を備えた5.5インチ4Kディスプレイを搭載。HDRにより明るさと色域の表現がより豊かになり、同時にAmazonプライムビデオからモバイルデバイスとして初の4K HDRコンテンツが配信されることも発表されました。スマートフォンとコンテンツが同時に4K HDRに対応することにより、新しい視聴体験を実現します。

カメラも大きな強化点で、メインカメラにソニーの新CMOSイメージセンサーExmor RS for Mobile(約1.900万画素)を採用した「Motion Eyeカメラ」を搭載。最大960fpsのスーパースローモーション機能最大で4フレーム分の画像をバッファリングすることでシャッターが押される直前の画像を記録して決定的な瞬間を逃さないPredictive Capture機能などを備えています。

CPUにはSnapdragon 835(オクタコア)が採用されました。snapdragon 835は1月のCESで発表された最新SoC(過去記事)で、10nmプロセスルールで製造され、CPU/GPUともに性能が向上しています。またRAMも4GBにアップしています。

内蔵されているLTEモデムも「Snapdragon X16 LTE modem」に強化されており、下りがLTE-AのCAT.16、上りがCAT.13に対応。これにより、4x20MHzのキャリアアグリゲーション、256ーQAMの場合、理論上1Gbpsの下り転送速度で通信することが可能になっています。

外部接続端子はUSB3.1 Gen1対応のUSB type-Cで、従来のUSB2.0の10倍となる最大5Gbpsでのデータ転送が可能。

ボディカラーは、ルミナスクロムとディープシーブラックの2色展開となります。

Xperia XZs

約5.2インチディスプレイ搭載「Xperia XZs」は、QualcommのSnapdrago 820(クアッドコア)を搭載

「Xperia XZ Premium」と同じく、Motion Eyeカメラを搭載しています。

スペック的にはXperia XZに近いですが、カメラがMotion Eyeに強化されている、といったところです。

カラバリはアイスブルーとブラック、ウォームシルバーの3色です。

Xperia XA1、XA1 Ultra

Xperia XA1

「Xperia XA1」、「Xperia XA1 Ultra」はそれぞれ5型と6型のディスプレイを搭載した、Xperiaシリーズのメインストリーム向けの製品。左右のベゼルを極限まで狭めたボーダーレスデザインを採用しています。

どちらも約2,300万画素のメインカメラを搭載「Xperia XA1 Ultra」のフロントカメラには約1,600万画素の高精細イメージセンサーを搭載していて、高精細な自撮りを楽しめます。

Xperia XA1 Ultra

カラバリは、ホワイト、ブラック、ピンク、ゴールドの4色です。

Xperia Touch

Xperia Touchは、昨年のMWCで「Xperia Projector」として発表されていた、投影したスクリーン上でタッチ操作が行えるプロジェクターです。OSにAndroidを搭載し、Google Playからダウンロードした各種アプリが利用できるのが特徴。

壁やテーブルなどに投写したスクリーンに触れて操作することで、家族や友人と一緒に楽しむ新しいコミュニケーションの形を提案します。Android端末同様にテーブルを囲んでゲームをしたり、壁に投写したスクリーンで動画を見たり、ビデオ通話などさまざまな使い方を体験できます。

ソニーの独自液晶ディスプレイデバイス、SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)を搭載し、超短焦点レンズにより23インチから80インチまで投影できます。赤外線とカメラを組み合わせた毎秒60フレームのリアルタイム検出を行い、遅延のない快適なタッチ操作を実現。さらに、最大10点のマルチタッチにより、複数人での操作が可能です。

また、PlayStation®4 Remote Playにも対応しており、大画面でゲームを楽しめます。

おわりに

というわけで、新Xperiaでした!

スペック表がこちら。

 

いまメインで使ってるのがXperia XZですのでこの進化はすばらしいです。(4Kの再来については気になりますが)

そして個人的にはネーミングの枯渇が心配です。

MWC 2017、まだまだ続いて様々な端末が登場しています。今年もガジェット界は賑やかになりそうですねー!

【MWC関連記事はこちら】

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい