【MWC2017】HUAWEI、Android wear 2.0搭載の「HUAWEI WATCH 2 / Classic」発表 LTE対応でAndroid Payも利用可能

HUAWEIは、スペイン・バルセロナで開幕した「MWC 2017」にて、Android Wear 2.0を搭載した新型スマートウォッチ「Huawei Watch 2」と「Huawei Watch 2 Classic」を発表しました。ヨーロッパや中国で3月に発売しアメリカ、イギリス、ロシア、オーストラリア、日本などでも4月より販売が開始されます。価格は329ユーロ~です。

HUAWEI WATCH 2

 

「Huawei Watch 2」「Huawei Watch 2 Classic」は、ともに1.2インチの円型ディスプレイ(390×390ピクセル)768MBのRAM、4GBのROM、420mAhのバッテリー、GPS、NFC、心拍センサー、IP68の防水・防塵機能を搭載します。

Watch 2 ClassicではWi-FiとBluetoothに対応Watch 2ではLTE通信が可能となります(SIMまたはeSIMを利用)。両モデルの違いはデザイン性やベルトの違いのみで、仕様はLTE対応の有無の違いのみです。

また、スマートウォッチの大きな問題点の1つであるバッテリー持続時間の問題に応え最大3週間持続する「watch mode」を搭載。機能は制限され、歩数をカウントし、時間を表示するだけとなるが、旅行先などでは便利です。

ランニングなどアクティビティを記録するためのGPSと健康状態を監視する光学式心拍センサを搭載し、画面割れに強い「Gorrilla Glass」を採用しています。

モバイル決済用のNFCにも対応し、Android Payによる決済サービスが利用出来ます。またOSは先日発表された最新のAndroid Wear 2.0(過去記事)です。Googleアシスタントも利用可能です(現時点で日本語には非対応)。

Huawei Watch 2の外観はスポーツウォッチのテイストで、セラミックのベゼルを採用。Huawei Watch 2 Classicは、ラグにステンレススティールを使用し、9種類のレザーストラップから選択できるようになっています。

スペイン、フランス、ポルトガル、イタリア、ドイツ、中国で3月に発売され、4月にはアメリカ、イギリス、ロシア、オーストラリア、日本などでも発売されます。価格は329ユーロ~となっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい