東海道・山陽新幹線に「EX予約」公式アプリが提供開始 割引少なめも年会費不要のチケットレスサービス「スマートEX」も発表

JR東海とJR西日本は2月23日、東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」の公式スマートフォンアプリの提供を開始したと発表しました。同時に、会員以外を対象とした新チケットレスサービスの名称を「スマートEX」とし、9月末にサービス開始予定と発表しました。

JR東海ニュースリリース

JR西日本ニュースリリース

EX予約に公式アプリ登場

公開したアプリは「EX予約アプリ」で、iOSとAndorid版を用意。「新規予約(時刻指定・列車指定)」「予約確認」「予約変更・払戻」「グリーンプログラムポイント残高照会」「エクスプレス予約からのお知らせ表示」「新幹線運行状況」が利用可能で、iOSでは一部対応機種で指紋認証(Touch ID)によるログインが可能です。アプリは無料で利用できます。

特徴は利用頻度の高い新規予約画面をトップに配置し、即座に列車検索が可能で、ブラウザに比べて通信データ量を最大約 80%低減し、快適な操作感を実現している点です。

またスマートフォン端末の言語設定が日本語以外の場合、英語で表示します。

ダウンロードはこちらから。

Google Playで手に入れよう Appストアでダウンロード

交通系ICカードで利用できる新チケットレスサービス登場へ

合わせて発表された、新しいチケットレスサービス「スマートEX」は既存サービスの「エクスプレス予約(EX予約)」と異なり割引額は小さくするが、年会費が無料で交通系ICカードが使えるなどの手軽さがウリ。

エクスプレス予約会員以外でも利用が可能で、年会費は無料。EX予約はお得な会員価格で利用できることに対して、駅での発売額とほぼ同じ価格になるということです。乗車時には全国相互利用対象の10の交通系ICカードで乗車できるようになります。

利用開始時期は9月末の予定で、サービスの詳細な開始日やサービスの具体的内容は決まり次第、発表されます。

JR西・東海はチケットレス化の拡大で駅窓口の混雑緩和を図るほか、クレカの利用ポイントを貯めやすくし、航空便とシェアを争う武器の一つにしたいとみられます。

具体的な利用方法としては、スマートフォンなどでICカードとクレカを登録すれば、指定席をネット上で予約・変更でき、駅改札口でICカードをタッチして乗り降りする、といったイメージとなっています。

EX予約の年会費(1080円・税込)を払ってお得に乗るか、手軽さをとるかというところ。使用頻度や使い方でユーザーが選べるようになりました。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい