Amazon、新「Fire TV Stick」を4月6日発売 税込4,980円で音声入力リモコンが標準で付属 CPU、Wi-Fiが進化

Amazon.co.jpは、テレビに接続して使うスティック型のメディアストリーミング端末「Fire TV Stick」を4月6日に発売すると発表しました。すでに予約の受付を開始していて、価格は税込4,980円です。

テレビに繋いでスマートTV化


Fire TVシリーズは、テレビとHDMI端子で接続することで、AmazonビデオやHulu、Netflix、YouTube、Abema TV、dTVといった動画配信サービスなどが利用できるストリーミング端末です。

2017年からJリーグ全試合を配信する「DAZN」にも対応するとのこと(DAZNについての記事はこちら)。また、Amazon.co.jpが提供する「プライム・ビデオ」や「Prime Music」、ゲームのプレイも可能です。

新モデルでは、プロセッサを従来の「Broadcom Capri 28155」(2コア/1.0GHz)から、MediaTek製の4コアCPU(1.3GHz)に強化。Wi-FiはIEEE802.11ac対応無線LANやBluetooth 4.1を新たにサポート。さらに従来は別売りだった音声認識リモコンを標準で同梱します。メモリは1GB、ストレージは8GBです。

インタフェースはHDMI 1.4b×1、電源用のmicro USB×1です。本体サイズはW85.9×D30.0×H12.6mm、重量は32gとなっています。

Amazonユーザーはプライム会員になろう!

いろんな映画もテレビ番組も見放題なAmazonプライムビデオ

PCやスマホだけでなくテレビで見れるというのは、とても快適!

30日無料体験もできますのでぜひ体験してみてください。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい