Huawei、新スマホ nova /nova liteを国内発表 高コスパのミドルレンジモデル

ファーウェイ・ジャパンは、2月21日、スマートフォンの新シリーズ HUAWEI nova / nova lite を国内向けに発表しました。

novaシリーズはミドルレンジスマホとして既に世界展開されているモデルで、いずれも2月24日に発売します。

HUAWEI nova / nova lite

「予想を超える楽しさ」HUAWEI nova

HUAWEI novaは「予想を超える楽しさ」をコンセプトとし、メタルボディにコンパクトな曲線デザインが特徴です。

3020mAhの大容量バッテリーを搭載し、CPUはオクタコアのSnapdragon 625で、ミドルハイレンジに属します。

ディスプレイはフルHD(1920×1080ドット)の5インチ液晶で、本体サイズ(幅×奥行き×高さ)は約69.1×141.2×7.1mm、重さは約146gです。

前述の通りCPUはSnapdragon 625で、RAMは3GB、ROMは32GB。OSはAndroid 6.0を搭載します。

デュアルSIM(DSDS)に対応し、LTE+3Gの同時待ち受けが可能となっています。

充電端子はUSB type-Cで、急速充電は5V2Aに対応しています(QC3.0非対応)。

カメラは、800万画素のインカメラを搭載。自然な色合いで美しく撮れる「ビューティーモード」、メーク効果をプレビューで見ながら選べる「メークアップモード」、最適な補正を事前に設定できる「パーフェクトセルフィー」、本体背面の指紋センサーの長押しでシャッターを切れる「ワンハンドセルフィー」など多彩な機能を備えます。

本体背面にある1200万画素のメインカメラは、1.25μmというピクセルサイズの大きい高感度イメージセンサーを採用し、低照明の条件でも色鮮やかに撮れるようになりました。オートフォーカスも進化させ4K動画の撮影も可能です。

カラバリはミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドの3色で、市場想定売価は3万7980円(税別)です。

“Play your way” HUAWEI nova lite

novaシリーズの廉価モデルとなるnova liteの特徴は、5.2インチフルHDのIPS液晶、3000mAhの大容量バッテリーを搭載したことです。

タッチスクリーンには2.5Dの曲面ガラスを備えたほか、ケースにもラウンドエッジ加工、狭額縁デザインを採用したことによりコンパクトながら5.2インチのフルHDディスプレイを搭載しています。

背面のメインカメラは1200万画素、インカメラは800万画素です。メインカメラには料理撮影用モード「ナイスフード」や、マニュアルモード「プロモード」を搭載。一方のインカメラは簡単美顔撮影機能となる「パーフェクトセルフィー」、さらにディスプレイ発光式の「補助照明」機能を搭載しています。

CPUはSnapdragonではなくHuawei Kirin 655(8コア)を搭載しています。RAMは3GB、ROMは16GBです。またこちらも、デュアルSIM(DSDS)に対応しています。

そしてなんとOSはAndroid 7.0。novaがAndroid 6.0なのに対しnova liteはAndroid 7.0を標準搭載します。

こちらは価格の公開は取り扱いMVNOによって異なるということです。

取り扱いMVNOは、IIJmio、イオンモバイル、NTTコムストア、DMM mobile、Nifmo、BIGLOBE、LINEモバイル、楽天モバイルとなります。

nova / nova liteはともに2月24日に発売です。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい