ニューバランスがAndroid Wearスマートウォッチ「RunIQ」を発表 intelプロセッサやGPS搭載で5気圧防水対応のランナーのためのスマートウォッチ

スポーツブランドのNew Balance(ニューバランス)が同社として初となる Android Wear 搭載スマートウォッチ「RunIQ」を日本国内で発売したと発表しました。

RunIQは、インテルプロセッサや GPS なども搭載し5気圧防水対応の高性能スマートウォッチで、34,800円(税別)で発売されます。

NEW BALANCE RUN IQ

RunIQ は円型ディスプレイを採用した、スポーティな外観のAndroid Wear搭載スマートウォッチです。

New BalanceとIntelが共同開発したスマートウォッチで、ランナー向けの製品になります。

Android Wear 2.0 へのアップデートも予定されていて、Android端末・iOS端末の両方でペアリングできます。

スペックはこんな感じです。

  • OS:Android Wear
  • プロセッサー:Intel Z34xx processor
  • RAM:512MB
  • ROM:4GB
  • ディスプレイ:1.39インチ AMOLED タッチパネル
  • センサー:GPS、デジタルコンパス、ジャイロスコープ、光学式心拍計、加速度計
  • 防水性能:5ATM(5気圧防水)
  • バッテリー:410mAh(バッテリー可動時間最大24時間)
  • 通信:Wi-Fi、Blootooth
  • 重量:74g

RunIQはランナーを意識した仕上がりで、トレーニングの記録や、心拍計など各種機能を備えます。GPS が備わっているため地図アプリなども利用可能。本体は5気圧防水に対応するため、雨の中や水辺での利用も可能となっています。またIntelプロセッサも搭載しているため、軽快な操作が可能です。

RunIQの国内価格は34,800円(税抜)です。現在はニューバランスのオンラインショップで販売されているようです。

また、デンマークの有名ヘッドセットメーカー Jabra (ジャブラ) とのコラボとして、RunIQ用にヘッドセット「PacelQ」を用意しています。「PacelQ」は高品質なサウンドと安定感のある装着感とともに、RunIQと一体化したワイヤレス体験で、オンデマンドでのランニングの記録確認、音楽使用や通話などを楽しみながら、ワークアウトの質を高めることが出来ます。こちらの価格は12,800円(税抜)で、オンラインショップで発売されています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい