Canon、EOS Kiss X9i/EOS 9000Dを発表 センサー刷新で大進化を遂げたエントリー向け一眼

キヤノンは2月15日、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラの新モデル「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」を発表しました。いずれも4月上旬から発売します。

価格はオープンで、EOS 9000Dの推定市場価格は、ボディが100,000円前後、ダブルズームキットが140,000円前後、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMキットが150,000円前後の見込みで、EOS Kiss X9iは、ボディが90,000円前後、ダブルズームキットが130,000円前後、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMキットが140,000円前後の見込みとなっています。

【同時発表のミラーレス「EOS M6」の記事はこちら】

Canon EOS Kiss X9i

Canon EOS 9000D

EOS Kiss X9i

EOS 9000D

 

今回発表されたEOS 9000DEOS Kiss X9iは、キヤノン製デジタル一眼レフカメラのラインナップ中でエントリークラスに属する製品です。

EOS 9000Dは、EOS 8000Dの後継となるモデルで、EOSのラインナップ的には、同時に発表されたEOS Kiss X9iの上位、EOS 80Dの下位となります。エントリークラスからミドルクラスへの架け橋という役割も担います。一方EOS Kiss X9iは、EOS Kiss X8iの後継モデル。王道のエントリー機で、ファミリー層やカメラ初心者をメインターゲットに据えます。

EOS Kiss X9i

EOS 9000D

両者の主な違いは、EOS 9000Dのみ上面液晶パネル、サブ電子ダイヤル、AF-ONボタンを搭載する点で、ダイヤル類の位置も異なり、EOS 9000Dでは主に操作性の面でアドバンテージがありますが、機能はほ同等となっていますので、主要スペックについては一緒に紹介します。

まずはスペック表です。

EOS Kiss X9i

EOS 9000D

 

EOS 8000D・EOS Kiss X8iからはセンサーや画素数を据え置いて約2420万画素のCMOSセンサー。一方、映像エンジンを最新のDIGIC 7になり、写真のディテール表現向上を図ったほか、AFセンサーも刷新することで、オールクロス45点測距が可能になりました(旧モデルは19点)。

また、常用感度はISO100~25600で、前モデルのISO100~12800よりも1段分高感度に強くなりました。

そしてイメージセンサー上の一つ一つの画素がAFセンサーの構造を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」をエントリークラスの一眼レフとして初めて採用。デュアルピクセルCMOS AFでは合焦までをすべて像面位相差AFによって行なうことで、AFのさらなる高速化を図っており、ライブビュー撮影時のAF速度は最速で0.03秒まで高速化しています。最高シャッター速度は1/4000秒です。

動画撮影は60pのフルHD動画記録に対応。手ブレ補正機構「IS」搭載レンズ装着時に電子式の5軸手ブレ補正を行なう「動画電子IS」機能も利用可能になりました。1080p、タイムラプス、スペシャルシーンなどの特殊撮影にも新たに対応します。

EOS Kiss X9i

EOS 9000D

 

無線機能では、従来より搭載していたWiFiやNFCに加えてBluetooth(Low Energy)にも新たに対応。スマートフォンと接続することで、リモート撮影や画像の転送を低消費電力で行えます。

背面にはWiFiボタンを新設し、一度接続したアクセスポイントへの接続を簡略化できるほか、UIにはモード選択時に作例や撮影シーンのイメージを表示する「ビジュアルガイド」を採用しており、エントリーユーザーに配慮しました。

液晶モニターは約104万ドットの3型バリアングル液晶モニターで、両機種ともタッチ対応です。

発売時期はどちらも4月上旬

価格はオープンで、EOS 9000Dの推定市場価格は、ボディが100,000円前後、ダブルズームキットが140,000円前後、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMキットが150,000円前後の見込みで、EOS Kiss X9iは、ボディが90,000円前後、ダブルズームキットが130,000円前後、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMキットが140,000円前後の見込みとなっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい