Canonが新ミラーレス一眼「EOS M6」発表 性能は上位機EOS M5に迫るミドルレンジモデル

キヤノンは2月15日、新型ミラーレス一眼カメラ「EOS M6」を発表しました。4月上旬の発売を予定していて、ボディ単体のほか、3種類のレンズキットを用意します。

価格はオープンですが、推定市場価格はボディ単体が90,000円前後、EF-M15-45 IS STM レンズキットが105,000円前後、EF-M18-150 IS STM レンズキットが140,000円前後、ダブルズームキットが135,000円前後です。カラーは、ブラック、シルバーの2色を用意します。

*同時に発表されたEOS Kiss X9i、9000Dは後日記事にします。

Canon EOS M6

上位機に迫る性能のミラーレス一眼

EOS M6は、2015年3月に発売されたミドルレンジモデルの「EOS M3」の後継機種です。キャノンのミラーレスカメラの中ではハイエンドの「EOS M5」、エントリーの「EOS M10」の中間に位置しますが、スペックは上位機EOS M5に迫ります。

主要スペックはこんな感じ。

  • レンズマウント:キヤノンEF-Mマウント
  • 撮像素子:有効約2,420万画素、APS-Cサイズ、CMOSセンサー
  • 画像処理エンジン:DIGIC 7
  • 対応感度:最高ISO25600
  • シャッター速度:最高1/4,000
  • 液晶モニター:3.0型ワイド・約104万ドット、上180°下45°チルト
  • サイズ:W112×H68×D44.5mm
  • 重さ:約390g (バッテリー含む)

まず、EOS M5と同じくAPS-Cサイズの有効約2,420万画素CMOSセンサー、画像処理エンジン「DIGIC 7」を搭載しています。画像処理エンジン「DIGIC 7」は新たに開発された最新エンジンで、DIGIC7は今のところ、EOS M5と新たに発表されたEOS 9000D、EOS Kiss X9i、PowerShot G9X Mark IIにのみ搭載されている最新型です。奥行き方向の動体追従やオートモードでの色検出の強化、ノイズリダクションや暗部補正(オートライティングオプティマイザー)、回折現象の軽減機能の強化など、EOS M5と同等の性能となっています。

また「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載することで、EOS M3と比較して劇的にAFスピードが向上。1画素で位相差AFセンサーと撮像センサーの2つをこなすことが可能で、位相差AFのみの高速な合焦が行なえます。

常用ISO感度は100~25600(動画は最大6400)をサポート。連写性能は、上位機種の「EOS M5」と同じく、AF固定で9コマ/秒、AF追従で7コマを実現しています。EOS M3のAF追従で2.4コマ/秒、AF固定で4.2コマ/秒に比べて飛躍的に向上しているのがわかりますね。さらにカメラ本体とレンズの補正機構を連動させる「コンビネーションIS」によって、5軸手ブレ補正効果を発揮します。

インターフェースも改善し、シャッターボタン周りに配置されたメインダイヤルに加え、露出補正ダイヤルの下にサブ電子ダイヤルを新たに設置。コントローラーホイールも合わせて、3系統の設定を瞬時に変更できるのがポイント。電源もボタン式からレバー式に変更されており、全体的に操作性が向上しました。

無線接続においては、Wi-FiとNFCに加えて、Bluetooth Low Energy (BLE) にも対応したことで、電力消費を抑えながら、スマートフォンなどと常時接続して利用できるようになりました。

同時に、アクセサリーシューに装着できる外付けのEVF「EVF-DC2」(2万5000円)も発表。従来のEVF-DC1から小型・軽量化が図られているほか、表示パネルが液晶から有機ELに変更されました(チルト機能は省かれました)。

M5とほぼ同等のスペックとなったEOS M6ですが、異なる点はタッチ&ドラッグAF、ダイヤルファンクション、ファインダーが付いていないところです。ファインダーをのぞいたまま、タッチパネルでピント位置を調整可能なタッチ&ドラッグAFは、細かいピント合わせに非常に優れた機能で、体験しましたがかなり優秀でした。M5よりも小ぶりな分、ファインダーが付いていないのは残念です。マイクを付けたくてもアクセサリーシューは外付けEVFで埋まっちゃってますしね笑 ここがM5との違いと言えそうです。

推定市場価格は、ボディ単体が90,000円前後、EF-M15-45 IS STM レンズキット(標準ズーム)が105,000前後、EF-M18-150 IS STM レンズキット(標準-望遠ズーム)が140,000円前後、ダブルズームキットが135,000円前後となっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい