京阪大津線の4駅、18年3月に駅名変更へ 浜大津は「びわ湖浜大津駅」に 別所、皇子山、坂本駅も改称

京阪電気鉄道は2月13日、滋賀県大津市などを走る大津線(京津線、石山坂本線)4駅の駅名を改称すると発表しました。

改称時期は2018年3月で、浜大津駅は「びわ湖浜大津」に、別所駅は「大津市役所前」に、皇子山駅は「京阪大津京」に、坂本駅は「坂本比叡山口」に、それぞれ駅名が変更されます。

京阪プレスリリース

琵琶湖・比叡山の観光、乗換利用を促進

 

今回の改称に至ったのは、滋賀県大津市が策定を進める第2期観光交流基本計画の中心的な考え方である「オンリーワンのびわ湖を活用した地域の活性化」に京阪が賛同したため。琵琶湖、比叡山などを訪れる観光のお客さまのよ りスムーズな移動や、沿線の乗換利用促進を目的として、2018年3月より駅名を変更するというものです。

今回、駅名を変更するのは、「浜大津」 「別所」 「皇子山」 「坂本」の4駅です。

京阪グループでは、中期経営計画「創生果敢」(H27~29年度)の主軸戦略の一つと して「観光創造」を掲げており、びわ湖~京都・岡崎エリアの観光活性化比叡山を含むびわ湖淀川水系を「水の路」として観光ルート化し“人の流れ”の創出に取り組んでいます。

実は京阪大津線は、京阪山科駅でJR線・京都市営地下鉄東西線と接続し、京阪石山駅・京阪膳所駅・皇子山駅でそれぞれJR線に接続していて、乗り換えが可能となっているので意外に便利

しかも、京津線は京都市営地下鉄東西線にも乗り入れて、路面電車で、さらに逢坂山の急勾配を登るという特殊な路線。京阪ではそのような魅力も発信したい考えです。

浜大津駅(京津線・石山坂本線)は、大津の玄関口となる駅で京津線と石山坂本線との接続駅になっています。琵琶湖汽船の運航する琵琶湖クルーズ船の乗り場である大津港や琵琶湖ホテル、アミューズメント施設の浜大津アーカスなどがあり、琵琶湖観光やレジャーの拠点となっています。毎年 10月に行われる大津祭では、豪華な曳山がこの駅付近を巡行します。琵琶湖観光やレジャーの拠点であることを表現するため「びわ湖浜大津」駅に変更されます。

別所駅(石山坂本線)は、駅の西に大津市役所、東には広大な皇子山総合運動公園があります。市役所の南には歴史博物館があり、周辺は文化・スポーツが楽しめるエリアです。「大津市役所前」駅という立地のわかりやすい表現により電車利用の促進を図るため、現・ 別所駅から変更されます。

皇子山駅(石山坂本線)は、JR湖西線・大津京駅との乗り換え駅。同じように乗換駅となっている、京阪膳所・京阪石山・京阪山科と同様、JR湖西線との乗換利用の促進を図るため、「京阪大津京」駅に変更されます。

坂本駅(石山坂本線)は、石山坂本線の終点で、2000年に、京阪電車では宇治駅とともに、第1回近畿の駅百選に選ばれました。 坂本一帯は延暦寺や日吉大社の門前町で、中世には京都への中継地としても栄えました。 いたるところで「穴太積み」と呼ばれる美しい石垣を見ることができます。西に10分ど歩くと、日本一長い坂本ケーブルの「ケーブル坂本駅」があります。 比叡山観光の拠点でもあることから、京都側の同じ京阪グループである叡山電鉄「八瀬比叡山口」とも対応し、坂本側からの観光客誘致を目指すため「坂本比叡山口」駅になります。

京阪HDは魅力的な観光資源が沿線に数多く存在することをあらためて発信し、観光客のさらなる誘致を図りたいとしています。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい