フランスのスマホメーカー「Wiko」が日本上陸 第1弾は「Tommy」 1万円台のSIMフリーエントリーモデル

フランスはマルセイユのモバイルベンチャー企業Wiko(ウイコウ)は、2月14日、記者説明会を開催して日本市場への参入を発表しました。

それに伴い、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「Tommy(トミー)」を日本市場に投入することを発表しました。市場想定価格は1万4800円(税別)で、エントリークラスのスマートフォンとして2月25日に発売します。

Wikoプレスリリース

Wiko Japan

Wikoは2011年にフランスのマルセイユで設立された、モバイル端末ベンチャー企業です。現在、ヨーロッパ、アジア、アフリカの世界33カ国で事業を展開し、日本は34カ国目になります。フランスでシェア第2位西欧各国でシェアTOP5にランクインするスマートフォンブランドに成長しています。2016年のスマートフォン累計販売台数は1,000万台を突破しました。

日本市場では近年、SIMフリー端末のマーケットが急拡大。さらに技術力の高い日本の通信インフラでの事業展開を通じて獲得したノウハウをグローバル展開にも活用することができるとして、参入を決定しました。

Wikoの製品は、鮮やかな色合いのデザインユーザの必要とする機能安い価格で提供していることがウリ。今回日本市場に第1弾として投入される「Tommy」も、そんなWikoの特徴が詰まった端末です。

Tommyは10~20代の若年層をターゲットに据えたエントリーモデル税抜1万4800円と、1万円台の価格ながらVoLTEに対応したほか、SIMフリーで幅広い通信周波数帯(バンド)に対応したこと、そしてなによりカラバリの豊富さが特徴です。

主なスペックをご紹介します。

まずディスプレイは、オンセル技術搭載のIPS液晶によるクリアで明るい5イ ンチHDディスプレイ(720×1280ピクセル)。

プロセッサはQualcommのSnapdragon 210(1.3GHz×4コア)で、メインメモリは2GB内蔵ストレージは16GBを搭載。外部ストレージはmicroSDXC(最大64GB)に対応しています。

アウトカメラは約800万画素、インカメラは約200万画素のCMOSセンサーを搭載しています。バッテリー容量は2500mAh(交換可能)です。OSはAndroid 6.0を標準搭載しています。

SIMカードはMicro SIMを2枚搭載できますが、日本国内ではDSDS機能は使えません

日本国内の周波数をもちろんサポートしており、対応バンドはLTEで1/3/8/18/19。1万円台の低価格ながら、高音質通話が楽しめるVoLTEにも対応しています。Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)、Bluetoothはバージョン4.1に対応しています。

本体サイズは約71.5×145.9×8.9mm(幅×高さ×奥行き)、重量は約145gです。本体にはMicro USBケーブル、ACアダプターと内蔵バッテリーが付属します。端子はmicroUSBで、イヤホンジャックもついています。

気になるカラバリは、ブリーン/フラッシュレッド/トゥルーブラックの3色が第1弾として展開され、クールグレイ、サンイエロー、ホットピンクも今後順次展開予定としています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい