YouTube「Super Chat」を開始 “コメント課金”でクリエイターに新たな収益 スマホからライブ配信も可能に

Googleは動画投稿サイトYouTubeの新しい2つのサービス「Super Chat」「モバイルアプリからのライブ配信」について、2月7日より提供を開始しました。

Super Chatは、チャンネル登録者数1000人以上のクリエーターから準備が整い次第利用可能に、モバイルアプリからのライブ配信はチャンネル登録者1万人以上のクリエーターが利用できるようになります。

いずれも発表済みの機能で、ようやく一部のユーザーが利用できるようになりました。日本を含む、約20ヵ国のクリエーターが利用可能となります。

YouTubeライブストリーミングガイド

YouTube公式ブログ

クリエーターと視聴者の新たなコミュニケーション「Super Chat」

Super Chatは、ライブ配信中に視聴者とクリエイターが交流するための新しい方法です。視聴者はSuper Chatを購入することで、チャットストリームの中で自分のメッセージを目立たせることができます。

どういうことかというと…

チャンネル登録者が数の多いクリエーターは、ライブ配信中に寄せられるコメントの量が多いと、すべてのコメントに目を通すことが難しい場合がほとんどです。そこで視聴者はSuper Chatを購入することで、自分のコメントを枠内の一番上に購入金額に応じた色で、一定時間固定表示させることができるのです。

視聴者にとってはクリエーターに自分のコメントをアピールでき、クリエーターにとっては新たな収益となります

Super Chatの色、ティッカー内で固定表示する時間の長さ、メッセージの文字数の上限は購入する金額によって決まります。

チャット欄の「$」マークをクリックし、Super Chatを購入してコメントすると、文字がハイライトされ、一定時間(最大5時間)ティッカー内で固定表示されます。

日本では場合は100円以上1円単位で1日あたりサイト全体で5万円まで、Super Chatを購入可能です。支払いは現段階でPCもしくはAndroid端末から可能で、クレジットカード、デビットカード、PayPalが利用できます。

Super Chatを表示できるのは、Internet Explorer 11 以降、Chrome 36 以降、Safari 9 以降、FireFox 35 以降、Edge、Opera 23 以降のブラウザで、スマートフォンブラウザには対応せず、YouTubeのアプリのみで動作します。

日本を含む、約20ヵ国のクリエーターが利用可能で、40ヵ国以上の視聴者が購入可能となっています。チャンネル登録者数1000人以上のクリエーターから準備が整い次第利用可能となります。

ちなみにクリエーターが、不適切なコメントを消したり、非表示にすることは可能で、特定の言葉やフレーズを登録して、事前にチェックすることやモデレーター機能も利用できるようになっています。コミュニティガイドラインに違反したコメントは、課金した金額は返却されません。(もちろんコメントを自ら削除した場合も払い戻しはありません)

スマホからのライブストリームも利用可能に

2011年に始まって以降、多くのビッグイベントの中継や、クリエイターの生配信ツールとして利用されてきたYouTube Live。最近では4Kや360°の映像も配信できるようになってますます機能が充実しています。

そしてようやく、モバイルアプリから直接ライブ配信できる機能を、チャンネル登録者 1 万人以上のクリエイターから利用できるようになりました。

スマホからの配信といえば、最近はTwitterやLINE LIVE、Facebook LIVEなどに追い抜かれ、ライトユーザーにはカメラやPCが必要なYouTube LIVEは敬遠されがちでした。

今回ようやくスマホ配信が可能となったことで、クリエイターが手軽に生配信ができるようになり、旅行先などでも簡単に配信できるようになりました。

モバイルライブ配信は、YouTube Android / iOS公式アプリで利用となり、アプリの右下にあるカメラアイコンより、 [ライブ配信] 選択画面へ移動し、サムネイル用の写真を撮影(あるいは既存の写真を選択)すると、動画実況を開始できます。

ライブ配信動画も、通常の YouTube 動画と同じように、検索を通じて再生リスト等から見つけることができます。

おわりに

というわけでYoutubeでついに可能になったスマホ配信とSuper Chatについてでした!

実は、課金してクリエイターに自分のコメントを見てもらい、クリエイターにも収益をもたらすこのコメント課金は、すでに中国のライブストリーミングサイトで先行して行われているものなんです。たまたまNHKスペシャルで放送されていて見たのですが、中国では、ライブ配信の人気クリエイターたちは、これらの生配信中のコメント課金による収益だけで生活をおくる人もいるようです。ライブ配信者から人気になって女優になった、なんて人もいるくらいです。コメントを投稿する視聴者たちがクリエイターたちの活動を支援したり、コメントを読んでもらうために課金するというこのシステム、果たして日本でも根付くのか。注目です。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい