“耳の穴をふさがない”新感覚「ながら」イヤホン ambie sound earcuffsが発売 耳を挟む形で周囲の音も聞き取れる

オーディオベンチャーのambieは2月9日、耳の穴をふさがずに音楽を聴ける新感覚イヤホン「ambie sound earcuffs」(アンビー サウンド イヤカフ)を発表しました。耳たぶに挟むイヤーカフ形状で、長時間装着しても負担が少なく、音楽を聴きながら周囲の音も聞き取れるというのがポイントです。

公式Webサイトや実店舗で9日から順次発売されていて、価格は5940円(税込)です。

ambieは、ベンチャー支援などを手がけるWiLとソニービデオ&サウンドプロダクツのジョイント・ベンチャー企業。第1弾商品となるambie sound earcuffsは、耳をはさみこむ形で装着することで、周囲の音を聞き取りながら音楽を聴ける“ながら”イヤホンです。

音楽を聴いていても、自動車の接近や駅のアナウンスなど、必要な音を逃さず、人と会話することもできるのが一番のウリ。鼓膜への負担や、コードがこすれるノイズが軽減された一方で、音漏れも防げるとしています。

カラーはAsphalt Black、My Heart White、Pop Sky、Stamp Orange、Toypu Brown、Cuctas Greenの全6色。ケーブル長は1.2mで、マイク・リモコン機能付きなので通話応答もできます。重さは約5.2g。

耳の裏側にドライバユニット、耳穴側に音導管を配置した独自のデザインで、ドライバユニットは、外磁型磁気回路を搭載し、耳を塞がない構造でありながら、豊かな音の表現が可能。音質設計にはソニーの音響技術を活かしているといいます。

音導管は開放感と音漏れのバランスを最適化しており、音漏れも一般的なイヤホンに比べ同等レベルにまで軽減。

ITmediaの記事ASCII.jpの動画レビューによると、出る音の指向性がある程度確保されているからか、ほとんど音漏れは感じないとのこと。隣りにいても、満員電車で密着していない限りは聞こえないようです。もちろん密着していても一般的なイヤホンと同じくらいの音漏れで、音楽がはっきり聞こえるわけじゃなさそう。”はさんでいる”だけなのに凄いです。ただITmediaさんの記事によると「再生している音楽が周囲に聞こえているのではないか」という奇妙な感覚に慣れるまで時間がかかりそうだということです。

税込価格は5940円公式直販サイトのほか、ロンハーマン、la kagu、蔦屋家電、チャーリーバイスなどで販売されます。

こちらは第1弾ということですが、今後ぜひともワイヤレスタイプを発売してほしい!と思います。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい