Android Wear 2.0ついに公開!Googleが設計したLG製の新スマートウォッチも発売 各端末には順次配信か

Googleは2月8日(現地時間)、ウェアラブル端末向けOSの新バージョン「Android Wear 2.0」の提供を発表しました。

Android Wear 2.0は昨年5月にGoogle I/O 2016で発表され、2016年秋のリリースが予定されていましたが、大規模な変更になることから開発者向けプレビュー期間が延長されており、ようやく公開になりました。

またあわせてGoogleが設計したLG製の新スマートウォッチも発表され、Wear 2.0を初期搭載する初めての製品となります。

Google公式ブログ

【Fossil QにWear 2.0がやってきた!の記事】

Android Wear 2.0: Make the most of every minute」(一瞬一瞬を最大限に活用する)と銘打たれたGoogleのAndroid Wear公式ページでは、Android Wear 2.0の機能の詳細が解説されています。

Android Wear 2.0の強化点および新機能は、スタンドアローンアプリ、通信やセンサーなどのオプション拡大、新しいユーザーインターフェイス、ウォッチフェースのカスタマイズ機能の拡充、Google Fitの強化、入力方法の拡充、Google Assistantなどです。

一番目を引く特徴はこれ。スタンドアローンアプリです。

スタンドアローンアプリと通信オプションの充実によって、スマートフォンを持ち歩いていない時でも、独立したAndroidデバイスとしてスマートウォッチを幅広く活用できるようになります。

スタンドアローンアプリは、スマートフォンとの連携を必要とせずAndroid Wearウォッチのみで使用できるアプリのことです。Android Wear自体いがGoogle Playストアを備えており、Android Wearウォッチでアプリをインストールすることが可能。Web版のGoogle PlayストアからAndroid Wearウォッチへのインストールを指定することもできます。ワイヤレス機能はBluetoothのほか、単独のWi-Fi通信、LTEを含むセルラー機能など、スマートウォッチを単独でネット機能に対応させるオプションをサポートするようになりました。

さらにNFCに対応し、Android Payを利用できるようになりました。これは大きい!

Android Wear 2.0では、前バージョンに比べカスタマイズの自由度がアップしているのが特長の一つです。いつも表示されるウォッチフェースのカスタマイズはもちろんですが、ウォッチフェースの色、背景、コンプリケーションなどを端末上でユーザーが柔軟にカスタマイズできるようになりました。ウォッチフェースに情報を表示するコンプリケーションのAPIが用意され、サードパーティによるコンプリケーションの提供も始まりました。

 

また、新しいユーザーインターフェイスはナビゲーションが簡素化され、スワイプを軸により直観的に操作でき、よく利用する機能やアプリにアクセスしやすくなりました。クラウンを回す、ベゼルを回すといった回転を使った操作のサポートが組み込まれています(もちろん端末によっては不可)。

プリインストールされているアプリ「Google Fit」を使えば、ワークアウトのペースや距離、消費カロリーを確認することが可能。GPS、モーションセンサー、心拍数センサーなどフィットネスに必要なセンサーをサポート。Google Fitは、距離、ペース、消費カロリー、心拍数、さらにウエイト回数の計測もサポート、腕立て伏せ/腹筋/スクワットなどのチャンレンジ機能も備えます

さらに、会話型AIのGoogleアシスタントがAndrid Wear 2.0から使えるようになったのも大きなポイントの1つです。従来よりも高度なアシスタント機能が、手首のウォッチに話しかけるだけで利用できるようになっています。おなじみですが「OK, Google」と話しかけるか、電源ボタンを押すと起動し、情報の入手やサービスの利用をサポートしてくれます。ただし、現時点でサポート言語は英語とドイツ語のみで、日本語対応がいつ頃になるかは不明です。

入力機能は、小さな画面でも指先でなぞるようにしてキーボード入力が可能(SwiftKey入力)、ほかにもスマートリプライや手書き認識などを使用できるようになり、スマホいらずでより返信がしやすくなりました。

既存のOSを搭載したAndroidスマートウォッチにも、新しいAndroid Wear 2.0をインストールしてアップデートすることが今後可能になります。対応するモデルは、記事作成時点では以下の通りです。アップデート開始時期は各メーカーによって異なるものとなっています。

・ASUS ZenWatch 2
・ASUS ZenWatch 3
・Casio Smart Outdoor Watch
・Casio PRO TREK Smart
・Fossil Q Founder
・Fossil Q Marshal
・Fossil Q Wander
・Huawei Watch
・LG G Watch R
・LG Watch Urbane
・LG Watch Urbane 2nd Edition LTE
・Michael Kors Access Smartwatches (Dylan and Bradshaw)
・Moto 360 2nd Gen
・Moto 360 for Women
・Moto 360 Sport
・New Balance RunIQ
・Nixon Mission
・Polar M600
・Tag Heuer Connected

LG製新スマートウォッチ「Watch Style」と「 Watch Sport」

新OS発表にあわせ、Googleが設計したAndroid Wear 2.0搭載スマートウォッチ「LG Watch Style」と「LG Watch Sport」がLGから登場します。

LG Watch Styleは細身のシルエットが特長のスマートウォッチ。女性的な雰囲気が漂うデザインも揃っており、男女ともに使えそう。ボディサイドにはダイヤル式クラウンが装備されています。本体サイズは42.3×45.7×10.79mmで、Gorilla Glass 3を使用した1.2インチP-OLED (360×360, 299PPI)を搭載しています。

LG Watch Sportは、スポーティーな雰囲気が漂うモデル。ボディサイドには、ダイヤル式クラウンに加えてAndroid Pay起動用の専用ボタンと、「Google Fit」へのショートカットとして機能するボタンが装備されています。本体サイズは45.4×51.21×142mmで、こちらもGorilla Glass 3を使用し、ワンサイズ大きい1.38インチP-OLED (480×480, 348PPI)を採用しています。

両モデルともSnapdragon Wear 2100(1.1GHz )を採用し、容量4GBのストレージを内蔵。RAM容量はLG Watch Styleが512MB、LG Watch Sportが768MBとなっています。両モデルともワイヤレス充電をサポートし、430mAhのバッテリーを内蔵しています。

どちらもまずはアメリカで2月10日に発売され、価格はLG Watch Styleが249ドル(約2万8000円)、LG Watch Sportが349ドル(約3万9000円)となっています。アメリカ以外の地域については、カナダ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、韓国、台湾、UAE、イギリスで数週間のうちに販売が開始されるとのことで、日本の状況は不明です。

値段的にはスマートウォッチでは安い方ですね。どちらもBest BuyとGoogle Storeで買えますが、SportはキャリアパートナーのAT&T とVerizonからも買えるようになります。

おわりに

というわけでついにAndroid Wear 2.0がやってきました!

残念ながら記事執筆時点で私のFossil Qにはまだアップデートが来てません…泣

ですのでAndroid Wear 2.0のレビューはまた別の機会にやりたいと思います。

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい