Skype、旧バージョンのユーザーは3月1日以降ログイン不能に 最新版へのアップデートを促す 新バージョンではクラウド共有など新機能も

インターネット通話サービスのSkypeが、旧バージョンのユーザーは3月1日以降ログインすることができなくなることを発表し、最新版への移行を促しました。

Skype Official Blog

新バージョンではクラウド共有、動作向上など新機能も

Skypeの公式ブログによると、親会社のマイクロソフトは現在導入しているP2Pからモバイルとの親和性が高いクラウドアーキテクチャへの移行を進めており、それに伴い旧バージョンでログインすることが3月1日からできなるとしています。

ログイン不能になる対象は「Skype for Windowsデスクトップのv7.16以前のバージョン」および「Skype for Macのv7.0~v7.18」までとなっています。

3月1日以降もWindowsおよびMacでSkypeを使うには、最新版をインストールする必要があります。

ダウンロードページはこちら

最新版ではインフラストラクチャーが再デザインされ、ユーザーエクスペリンスが向上しており、動作速度や応答性が改善されています。モバイル端末によるグループビデオ電話、グループビデオメッセージ、ビデオメッセージの保存、クラウドでのファイル共有(最大300MB)といった新機能が搭載されています。

Skypeのデスクトップ版を使用しているユーザーは、なるべく早く最新版にアップデートしておくほうが良さそうです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい