Google、キュレーションメディアなど低品質サイトの検索順位を下げるアップデート まとめサイト問題の対策に一手

Google Japanは2月3日、ウェブマスター向け公式ブログにて、日本語検索のアルゴリズムをアップデートしたと発表しました。

今回のアップデートにより、検索結果の上位に表示されることを目的とした、“品質の低いサイト”の順位が下がるということで、実質「キュレーションサイト(まとめサイト)」の順位が下がることとなります。

Google Japanはブログで「日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図している」とし、「有用で信頼できるコンテンツをユーザーに提供する皆さんを、正当に評価するウェブのエコシステム作りの助けとなることを期待している」と述べています。

アップデートにより、検索結果の上位に表示されることを目的とした、“品質の低いサイト”の順位が下がり、オリジナルかつユーザーにとって有用なコンテンツをもつ“高品質なサイト”が、より上位に表示されるようになります。

今回のアップデートは、DeNAの医療キュレーションサービス「WELQ」「NAVERまとめ」「RETRIP」といった、キュレーションメディアに関する一連の問題への対応策とみられます。WELQなどでは、不正確な内容の記事にもかかわらず、徹底したSEO対策で検索結果の上位に記事が表示されるようにしていたことから検索によって誤った情報がユーザーの目に触れてしまうケースが多くあったことが大きな話題・問題になりました。

Googleでは、日本語検索の問題を全て解決できるとは考えていないとし、検索品質向上のため、継続的にサイトの品質評価アルゴリズムを改善していくということです。

当ブログでは、まとめサイトへの剽窃対策としまして、画像にはできるだけコピーライト表記を行っています。

無断で画像や記事をコピーして、信憑性を確かめず、大事な部分を抜かしたりしてざっくりと記事をまとめ、質の低い記事を提供するキュレーションサイトには断固反対します。

当ブログでは、しっかりと信憑性を確かめた事実のみを書くよう心がけ、どんなサイトよりも詳しくて読みやすい記事を目指しています。

これからも豆助ニュース.comをよろしくお願いいたします。

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい