2025年に大阪万博誘致へ 政府・大阪府が本格検討開始で夢洲にリゾート集約か 鉄道延伸も計画

先週、突然こんなニュースが飛び込んできました。

それは「大阪万博を五輪後の景気浮揚策として政府が誘致することを検討開始した」というニュースです!

「あの活気をもう一度」

1024px-osaka_expo70_korean_pavilion1970年、戦後復興の象徴となった1964年の東京五輪からわずか6年後に開催された大阪万博。

複数の国が参加して行われる万博は、国際博覧会条約という国際法に基づき、パリに本部のある博覧会国際事務局(BIE)に届出を行い、承認される必要があります。今回、誘致が認められれば、日本では6回目の万博開催で、2005年の「愛・地球博(愛知万博)」以来です。

これまで、大阪府の松井知事が自ら東京に赴き関係閣僚に直接会って、「大阪に誘致を」と熱心に政府に働きかけてきていました。こうした中、政府も前向きになり、25日の衆議院本会議の代表質問で安倍首相は「万博は開催地のみならず、我が国を訪れる観光客が増大し、地域経済活性化の起爆剤となる」と語りました。

つまり、観光客を増やして経済を活性化させよう、というわけです。大阪万博が実現すれば、「1964東京五輪→1970大阪万博」の時と同じで、「2020東京五輪の→2025大阪万博」という流れになるので、政府としては当時の高度経済成長期の活気をもう一度、という思いもあるでしょうね。安倍政権がずっと悲願としてきた、訪日外国人観光客3000万人も、これで達成することができるかもしれません。

経済効果は6兆円

「芸術は爆発だ!」の名言で知られる、芸術家の岡本太郎さんの「太陽の塔」で有名な大阪万博は、約6ヶ月にわたって開かれ、あわせて6421.8万人が来場。世界77か国が参加しました。アポロ12号が持ち帰った月の石や、当時最先端の技術の展示が人気で、入場制限する日もあるほど、連日にぎわいました。その後も、1985年には茨城県つくば市で、通称「つくば科学万博」が、2005年には愛知県で環境をテーマにした万博「愛・地球博」が開かれました。

b0064726_21294023 私も「愛・地球博」には小さい頃に行きました。緑豊かなパビリオンを歩いたり、リニア館でリニアを見て、帰りに実際に走った「リニモ」に乗ったときの記憶はまだ鮮明に残っています。

こうした万博による経済効果は、実際どれくらいあったんでしょうか。1970年大阪万博のときは、一概に今とは比較できないですが約4.9兆円。2005年の愛知万博のときは、約2.8兆円。そして、今回の大阪万博は、開催前の関連イベントや万博をきっかけに、研究開発が進むことなども含め、全国に波及する経済効果は約6兆円にのぼると試算されています。

オリンピック同様の用地・跡地問題

では、何か問題はないのでしょうか。万博を開催するには100ha以上の用地を確保することが通例のため、それだけの広い土地を万博後にどう活用するのかは、考えなくてはなりません。

こうした跡地問題について大阪府は、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を同時に行うことで万博の跡地を活用しようとしているが、これについては与党からも慎重意見があり実現するかはまだ不透明。。また、「東京五輪のように会場建設や運営にかかる費用がふくらむのではないか」と地元では金銭面でも懸念の声が上がっています。

しかしながらオリンピックとは違い、会場の用地は確かに府や政府の負担ですが、パビリオンなどの建設は基本的には参加国・企業が建設するため、府や国が負担する「建設費」としてはオリンピックよりも少額に収まると思われます。

が…

誘致検討先は「夢洲」!?

 大阪府が誘致を目指す2025年の国際博覧会(万博)について、府と大阪市は21日午後、湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」(大阪市此花区)の約100ヘクタールに会場を集約させる方針を正式に決める。ただ、府市は夢洲にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致も目指しており、限られた面積で「二兎(にと)を追う」ことに課題は多い。

夢洲は、市が開催を目指した08年夏季五輪の選手村予定地だった。招致競争に敗れたが埋め立ては進められ、市は32年度をめどに約390ヘクタールを造成する計画だ。すでに140ヘクタールが造成され、コンテナターミナルなどに利用されている。

大阪湾岸部の活性化を目指す府市は夢洲を万博とIRの候補地として検討。25年の万博開催に間に合うよう残り約250ヘクタールの埋め立ての前倒しを検討したが、約200億円の追加費用が必要とわかり断念。湾岸部の人工島「舞洲(まいしま)」「咲洲(さきしま)」を含めた分散開催も模索したが、島の往来は現実的ではないと判断した。

(朝日新聞2016年9月22日付 より抜粋)

元々は、彩都東部・万博記念公園、服部緑地、花博記念公園鶴見緑地、舞洲、大泉緑地、りんくう公園・りんくうタウンの6ヶ所が誘致予定先として選定されていたのですが、突然「夢洲」が誘致先として推薦されました。

あれ、「夢洲」ってどこ!?

それは大阪湾埋め立て地の最も沿岸部です。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2先行して埋め立てが進んだ「舞洲」や「咲洲」には、舞洲はスポーツアイランド、咲洲はコスモスクエアとして開発が進み、特に咲洲には大阪港国際ターミナルや大阪府咲洲庁舎、ミズノ本社、ハイアットリージェンシー大阪などがあり、さらには地下鉄中央線も通っています

しかし夢洲には公共交通機関はバスが2停留所のみ。道路も舞洲と咲洲それぞれと橋・トンネルでつながっているのみです。

これでは万博どころじゃないですよね…。さらには「二兎を追う」形で誘致しているカジノ統合型リゾート(IR)どころでもないです。

そのため、2014年の橋下徹氏の大阪市長時代、こんな報道がされています。

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進めている大阪府と大阪市は18日、大阪市役所で開いた府市IR立地準備会議で、誘致先として想定する「夢洲」(ゆめしま、同市此花区)への鉄道整備計画案を公表した。市営地下鉄中央線、JR桜島線、京阪中之島線の各線を延伸し夢洲を結ぶ3案で、松井一郎知事や橋下徹市長らが協議。今後、進出を希望するIR事業者側に提示し、整備の資金協力を求める方針を確認した。

地下鉄中央線の延伸案は、西端のコスモスクエア駅から夢洲駅(仮称)に至るルートで、大阪都心部のJR大阪駅と約30分で結ばれる。整備費は約540億円、工期は3案のうち最短の6年で、平成33(2021)年に供用を開始できる。

JR桜島線の延伸案は、桜島駅から舞洲(まいしま)経由で夢洲駅を結ぶ。大阪駅からは約22分と3案では最短だが、整備費は約1700億円。京阪中之島線の中之島駅から夢洲駅まで延伸する案では約3500億円かかる。

府市は2020(平成32)年の東京五輪までにIRの開業を目指すが、松井知事は「鉄道整備がIRのオープンに間に合わなくても仕方がない。淀川の船など水上交通を利用する手もある」と指摘。橋下市長は「都市戦略上はJR桜島線の延伸を目指すべきだ」と述べた。

(産経新聞2014.9.18より抜粋)

そう、地下鉄中央線、JRゆめ咲線(桜島線)、京阪中之島線の延伸です!

想定されている延伸路線図はこんな感じ。

%e5%a4%a7%e9%98%aa%e8%b7%af%e7%b7%9a%e5%9b%b3%ef%bc%88%e5%a4%a2%e6%b4%b2%ef%bc%89

おそらくカジノ統合型リゾートの開業は予定していた2020年から2025年に変更されるでしょうが、それまでにこれら3線の鉄道路線が延伸するかもしれません。

特に京阪中之島線とJRゆめ咲線(桜島線)が気になっています。

今年15周年を迎え、入場者数記録を更新中のユニバーサル・スタジオ・ジャパン®(USJ)ですが、鉄道は現在JRゆめ咲線(桜島線)しかないため、JRの独占状態。

2008年に開業した京阪の中之島線は、あまりに中途半端な路線と駅で、かつ予想を大幅に下回る利用者数で散々な批判を浴びましたが、その中之島線の終点・中之島駅のホーム奥には、USJや夢洲のある西方面に空間があります。まぎれもなく京阪が西側に延伸しようとしている証拠です。

京阪は、USJ前に路線も通っていないのに2つのホテルを開業させ、さらに中之島線まで建設しました。確実に沿岸部への延伸をもくろんでいるのですが、残念ながら京阪としてはまだなにわ筋線(別記事参照)の建設目処が立たないことから、他路線と連絡ができる西九条駅までの延伸を希望しているが、自社単独での延伸は資金面で無理であることも明らかにしており、国や大阪府の補助を前提としての計画となるとみられています。

【なにわ筋線についての最新記事】

そこに飛び込んできた万博の夢洲誘致のニュース。京阪には国や府から援助してもらえるビックチャンス到来です!笑

しかし府はJRゆめ咲線の延伸が最も適当だとしてJRに働きかけています。。

政府が本腰を挙げて万博誘致を始めれば、それも変わるかもしれませんね。

おわりに

2025年に大阪万博―。

もし誘致が成功すれば確実に訪日外国人観光客と、国内旅行者の増加、万博に伴う鉄道や道路などのインフラ整備、研究開発の発展で経済効果が見込まれることは間違いありません。(オリンピックよりも経済面での効果はあきらかですね)

2025年万博にはパリも誘致を検討しています。ぜひとも誘致を勝ち取って、1964-1970のムーブメントをもう一度日本で起こしてほしいものです。

そして京阪中之島線、延伸してください(京都民として熱望)

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい