【Xperia XZレビュー】HTC 10 vs Xperia XZ カメラ比較テスト!DxO Mark1ポイント差は現れるか

先日Xperia XZのカメラテストiPhone 6sとのカメラ比較をお送りしましたが、今回はHTC 10との比較です!

HTC 10はカメラ性能ベンチマークテストスコアを発表しているDxO MARKのテストで88点で、Google Pixelに次ぎ総合2位。Xperia XZの87点を1ポイント上回っています。果たしてその差は出るのか!

こちらも、様々なシーンで比較テストしてみましたので作例とともにご覧ください!

Xperia XZレビューシリーズはこちら】

まずはスペック比較!

Xperia XZ(SO-01J)HTC 10(HTV32)はどちらもDxO MARKのカメラ性能ベンチマークテストでは総合3位以内にランクイン。HTC 10は88点Xperia XZは87点と、1ポイント差です。

Xperia XZは、メインカメラがCMOS型の2300万画素でレンズはF2.0のソニー製Gレンズ。コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた「ハイブリッドAF」や様々な光源環境でも忠実な色再現が可能なRGBC-IR センサーを搭載。AF精度が大幅に向上し、高速化。さらにホワイトバランスも「見たまま」の色を再現できるようになりました。インカメラは13MP(1320万画素)でF2.0です。

対してHTC 10は、前面・背面カメラともに光学式手ぶれ補正を採用。メインカメラは1200万画素と、他の機種に比べると画素数は抑えめですが、1画素あたりの取り込む光量を増やすという発想で、レーザーAFセンサー、独自の「Ultra Pixel2」を搭載し、高速AFが可能で、F1.8の明るいレンズを採用しています。またインカメラは500万画素で、広角レンズを採用し、F1.8のこちらも明るいレンズです。

いざXperia XZ vs HTC 10!

Xperia XZでは「プレミアムおまかせオート」、HTC10ではオートでの撮影です。

これまた独断と偏見で比較をしていきます。

屋外撮影では、あんまり違いは出ないので、今回は夜景と料理に重きをおいてやります。

夜景:HTC 10がくっきり、色味はXperia XZが優勢

まずは京都・鴨川で撮影した写真たちです。

1枚目ですが、どちらも手すりに置いて撮影しています。オート撮影ですがISO感度に大きな差があり、HTC 10はISO 8000と高く、明らかにノイズが乗ってしまっています。このように光の少ない環境ではXperia XZの勝利ですね。

ちなみにこちらがiPhone 6で撮影した写真。Xperia XZやHTC 10と比べると暗いですね。iPhone 7では確かに明るいレンズを使用して改善されてはいますが、iPhoneが夜景に弱いのはなんとも変わらないようです…。

続いてこちら。パット見てすぐに色味の違いがわかります。Xperia XZでは温かみのある色、HTC 10はクールな色合いですね。これは好き好きだと思いますが、鮮明さではHTC 10のほうが細部がくっきり鮮明ですね。

そしてこちらがiPhone 6のものです。明るさはたしかに暗いですが、細部の鮮明さは2機種に負けていませんね。ここは流石です。

こちらは鴨川東岸から手すりにスマホをおいて撮った写真。(HTC 10のほう、水平ズレてるのすいません)

これをみると、HTC 10のメインカメラがいかに広角かわかりますねー!

さてさて写真ですが、先程同様、色味の違いはあるものの、どちらも鮮明に写ってますね!どちらかというと、Xperiaのほうは、光を誇張してるため、街灯がかなり明るく写ってます。ここが少しマイナスポイントかな、と思います。

iPhone 6では、こちらも鮮明に写っています。暗いですが。iPhone 7では明るいレンズになってるので、ここはきれいに映るかもしれませんね。

そして交差点での一枚。Xperia XZの方が明るく写っていますね!まあこの写真も街灯が誇張されてるので、HTC 10のほうがクリアに見えます。ここはHTC 10の勝ちです!

さて最後のiPhone 6写真です。ちょっとiPhone特有のホワイトノイズが目立ちますが、クリアに写っていますし、明るさもいい感じ!ここはiPhone 6の勝利?かもですw

さ、所変わって貴船での写真です!(雪の貴船レポはこちらの記事をご覧ください)

まずは参道で撮った一枚。ここでもHTC 10の広角さがよくわかりますねー!

こちらは雪の白のホワイトバランスをどうとるかで、色味が大きく変わりました!雪の白にうつった灯籠の色は、ホントは白熱電球色のオレンジ色です。ここはXperiaの勝利ですね。(ま、オート撮影じゃなければちゃんと色味調整しますけどねw)

続いて、2枚一気にご紹介です!これらは全て、灯籠の明かりと雪の中での撮影で、色味が大きく違いますね。手持ちにも関わらずどちらもシャッタースピードは遅めですがとてもクリアですね!ここはさすが、DxO Markトップクラスの2機種です!

さて、色味ですが、ここはやっぱりXperia XZのほうが優勢ですねーー。雪の中でも灯籠の色を捉えたのは凄いです。

貴船の雪景色、α6000で撮影したもっときれいな写真はレポ記事にて!

料理写真:鮮やかさはXperia XZが上!

さて続いて料理写真です!こちらはお刺身の写真。ここは色味というより光ですかね。Xperiaの方が明るくうつってますね。

iPhone 6の写真では、ちょっと暗めですが、実際これが一番おいしそうですね笑

次にこちら。右の馬刺しの色がXperia XZのほうが鮮やかに写っていますね!オート撮影でのシーン認識は的確で、ちゃんと料理モードに認識して、鮮やかに写してくれました。これはXperia XZの勝利です。

屋内撮影:クリアさはHTC 10、明るさはXperia XZ

 

つぎに屋内で撮影したもの。お店に並べてあるお酒を撮りましたが、明るく写ったのはXperia XZですが、くっきり写ったのはHTC 10でしょう。(お酒の下のナプキンがくっきりです)ここは引き分けです!

屋外:色味もディティールもXperia XZか

こちら金閣寺の雪化粧です!(金閣寺の雪レポはこちらの記事をご覧ください)

色味といい、細部のクリアさといい、Xperia XZの勝利ですかね。

曇りの天気だったのであんまり参考にならないかもですが、ここはXperia XZの勝利です!

おわりに・総評

というわけで、HTC 10とXperia XZのカメラ比較でした!

夜の撮影は、Xperia XZのがF2.0、HTC 10がF1.8とHTC 10の方が明るいレンズを使ってるんですが、意外にもXperiaの方が明るく撮れてる写真が多いですね。これはおそらくセンサーの性能差が現れた結果に思えます。一方、ディティールのクリアさはHTC 10の方が上です。ライトの多いところではHTC 10の描画性能が際立ちましたが、ライトの少ないところではXperiaの方がきれいに写ってる印象です。そして色味は新センサーでXperia XZが優勢に立ちました!そもそもスマホのカメラですので、ここまでクリアでいい色味の写真を取れるのは両者素晴らしいです。

料理写真ですがやはりセンサーの進化と、シーン認識の精度の高さでXperia優位ですね。メシマズじゃなくなって良かったです笑

屋内・屋外では、明るさというより細部のクリアさが重要になりますが、これはどちらもそこそこクリアだし明るい。これはシーンによりけりと言えそうです。

DxO MARKのランクを考えると、さすがどちらもトップクラススマホです。1ポイント差はあまり現れなかったですが、ここまできれいに撮れるのは素晴らしい!これからのこのサイトでのレポ記事も、今までのα6000の写真だけでなくXperia XZでの写真も登場しそうです(笑)

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい