Nintendo Switch、3月3日に2万9980円で発売へ 予約開始は1月21日から

任天堂は、1月13日に最新家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の発表会を実施し、1月21日に予約を開始し、3月3日に2万9980円で発売すると発表しました。

据え置き型と持ち運びを「スイッチ」

Nintendo Switchは、テレビなどに接続する据え置き型でありながら、重さ300gの本体に6.2インチの液晶画面を備え、それ自体を持ち運んでゲームを楽しめる家庭用ゲーム機です。本体着脱式コントローラー「Joy-Con」(L/R)は、専用グリップに装着して1つのコントローラーとして使用できるほか、別々の手に持って操作したり、2人プレイが行えるなど、多様なプレイを可能にします。

こ近くのモノとの距離やその形状、動きを認識できる「モーションIRカメラ」や、手に持ったグラスを振ると中の氷がぶつかりあうような感触まで感じ取れる精細な振動を実現する「HD振動」などの新しい機能組み込んで、よりリアルなゲーム体験を実現しました。

Switchの本体を持ち寄って、最大8台のローカル通信で遊ぶ機能も搭載。

3つのプレイスタイルを提案

発表会では、テレビモード、テーブルモード、携帯モードといった3種類のプレイスタイルで遊べると提案しました。

テレビモードは通常のゲーム機と同様テレビに接続して、座って遊ぶスタイル。

テーブルモードは、テレビを使わず、タブレット部をスタンドで立てて、テーブルの上に置き複数人でワイワイと楽しみながら遊ぶスタイル。

携帯モードはDSなどのように屋外に持ち出して遊ぶスタイルです。

「Joy-Con」は取り外して左右片方ずつを分け合ってのマルチプレイも可能で、バッテリーを使った遊び方では、ゲームによって異なりますが、約2.5時間~最大約6.5時間ほどの駆動時間が得られます。充電はUSB Type-C端子で、もちろん充電しながら遊べます。

ちなみに「落としやすいのでは?」と思われるJoy-Conですが、Joy-Conストラップも発売し、グレー・ネオンレッド・ネオンブルーの3色展開で、各税別580円です。手首にストラップをつけて、まさにWiiリモコンのようなモーション操作も楽しめるということです。

合わせてイベント冒頭には、対応アプリケーションのリージョンロック(海外ソフトウェアを他国の本体で使う際の起動制限)がない点をアピール。

また、専用のオンライン通信サービスが用意されることにも触れ、スマートフォンやタブレットなどと連携(ボイスチャットなどの相互利用)が可能になる点、そして「発売直後はサービス無料ですが、今秋より有料展開される予定」である点を公開しました。

NVIDIA製プロセッサを搭載

気になる中身のスペックですが、CPUとGPUはNVIDIA社製のカスタマイズされたTegraプロセッサーを搭載。画面サイズは6.2インチ、解像度は1280×720で、タッチパネルも搭載します。HDMI出力時の解像度は、最大1920×1080/60fpsです。

ソフトウェアは専用形状のゲームカード(メモリカード)、またはダウンロードにて提供。本体のメモリは32GBで、micro SDカードスロットも備えます(発売時点ではmicro SDHCまで対応、アップデートでXCにも対応予定)。

無線通信はWi-Fiが802.11ac、Bluetoothはバージョン4.1。本体とドックとの接続にはUSB type-Cを使い、充電端子も兼ねます。

本体単体でのサイズは173×101×13.9mm(横×高さ×厚さ)、重量は約297gで、Joy-Conとの合体時のサイズは、239×102×13.9mm(スティック先端からZL/ZRボタンまでは28.4mm)、重量は398gとなります。

バッテリーはリチウムイオンタイプで容量は4310mAhで交換は不可能です。

Joy-Con側のバッテリーもリチウムイオンタイプを搭載。公称動作時間は約20時間。充電は本体への装着などで可能となり、約3時間30分です。

ゼルダ、スプラトゥーン、マリオ新作も

発表会では、ゲームソフトもいくつか発表されました。

Nintendo Switchと同時に3月3日に発売されるのが、「1-2-Switch」「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「ドラゴンクエストヒーローズ Ⅰ・Ⅱ」など。

「1-2-Switch」はJoy-Conの新機能を生かして対戦する新感覚のゲームで、Wii発売当初の「はじめてのWii」などのゲームに似たものだと思われます。

その他のゲームは順次発売、という感じです。

「マリオーカート8 DELUXE」は4月28日発売、「Splatoon(スプラトゥーン)2」は2017年夏発売、スーパーマリオシリーズの新作「Super Mario Odyssey」は2017年冬の発売です。

その他「ウルトラストリートファイターⅡ」「Project OCTOPATH TRAVELER」「信長の野望・創造」「ゼノブレイド2」「ドラゴンボール・ゼノバース2」「真・女神転生」などが発売時期未定で、任天堂のサイトには「Mincraft(マインクラフト)」「EA Sports FIFA」「Project SONIC 2017」「テイルズオブシリーズ」「太鼓の達人」「ドラゴンクエスト」「SKYRIM」といった名前が並んでいて、発表によるとこれらは現在開発中とのことです。

Nintendo Switchは、グレーのJoy-Conが入ったモデルと、ネオンレッドとネオンブルーのJoy-Conがひとつずつ入ったモデルの2タイプが販売される予定です。価格は、どちらのモデルでも税抜2万9980円。

同梱されるのは、Nintendo Switch本体・Joy-Con(L)/(R)・Joy-Conストラップ×2・Joy-Conグリップ・Nintendo Switch ドック・HDMIケーブル・専用ACアダプターとなっています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい