Google Play のコンテンツが家族間で共有可能に 「ファミリーライブラリ」とは

1469770024 Googleは7月28日、Google Playの新機能「ファミリーライブラリ」を発表しました。

この機能を使うと、Google Playストアで購入したアプリやゲーム、映画やTV番組を本人と家族5人まで、Android、iOS、ウェブなど、デバイスを問わずに無料で共有できるそう。

「ファミリーライブラリ」を利用するには、家族で共用可能な Google Play Store の決済方法を1つ設定する必要があります。

 もちろん設定後も、それぞれ普段から使っているクレジットカードやギフトカードでコンテンツを引き続き購入することもできます。家族の誰かが共用の決済方法を使った場合は、 メールでオーナーに領収書が届きます。また、利用者が 13 ~ 17 歳の場合、オーナーの承認を得た上でのみ購入できます。

例えば、音楽を家族全員で楽しみたい場合、月額 1,480円の「Google Play Music ファミリープラン」を利用すると、本人と家族 5 人まで、サービスを共有して楽しむことができます。

コンテンツごとに共有するかどうか細かく設定でき、子どものコンテンツ購入について親の承認を必要とする「ペアレンタルコントロール機能」も備えています。

 つまり「子供が勝手にアプリを購入しないようにしたい」「デバイスが違って購入した映画が見れない」なんてことも、「ファミリーライブラリ」によって解決できます!

おわりに

夏休みも始まります。

この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。無料ですから。

ファミリーライブラリの詳細・登録はこちら

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい