【CES】パナソニック、4K/60p対応ミラーレス一眼「GH5」を発表 6K PHOTO機能を新搭載 国内発売は未定

アメリカ・ラスベガスで開催中のCES 2017で、パナソニックは、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH5」を海外発表しました。3月末に1999.99ドルで発売します。国内での発売は未定です。

フォトキナ2016で開発を発表し、2017年前半のリリースを予告していたモデルで、パナソニックのミラーレス一眼のフラッグシップモデルとなります。

2,030万画素で「6K photo」を新搭載

従来モデルのGH4の有効画素数1,605万画素から、GH5は2,030万画素に。新たに「6K PHOTO」機能を搭載し、30fpsで連写した画像を6K解像度(1,800万画素)で静止画として保存できるます。もちろん引き続き4Kフォトも利用できます。

画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」も刷新し、自然なテクスチャ表現が可能になったといいます。ノイズリダクション処理も新しくなり、従来の4倍の精度になりました。

手ブレ補正機構は5軸のDual I.S.2を採用します。対応レンズ装着時にはレンズで2軸、ボディで5軸を補正。5段分の効果が得られます。焦点距離や撮影条件を踏まえながら補正することで、夜間や片手などでの撮影時のブレにも有効だということです。

前モデルと同様空間認識AFを搭載し、新ヴィーナスエンジンによる測距時間の短縮と、AF時のセンサー駆動速度をGH4の2倍となる480fpsにすることなどでAF速度は0.05秒と、従来のは0.07秒をさらに短縮しました。連写速度はAF固定で12コマ/秒AF追従で9コマ/秒フォーカスポイントは従来の49点から225点に増加しています。最高シャッター速度は1/8,000秒です。

複数枚の画像を撮影してピント位置を後から変更できる機能も搭載されるということです。

ミラーレス初、4K/60p撮影が可能に

動画機能では、世界で初めてミラーレスカメラとして4K/60pの撮影に対応しました。イメージセンサーからの信号読み出し速度を約1.7倍に高速化、画像処理速度も1.3倍に高めて実現し、ローリングシャッターの歪みも低減しました。

様々なフレームレートで、MOV、MP4、AVCHD Progressive、AVCHDからフォーマットを選んでの録画が可能で、フルHD・4K撮影時の録画時間制限もありません。録画時間が決まっていないような撮影をする方にはうれしいですね。

ボディはマグネシウム合金製で、防塵・防滴・-10度までの耐寒性能を有します。EVFは約368万ドットの有機ELパネル、液晶モニターは162万ドットのタッチパネルでフリーアングル式となっています。Wi-FiおよびBluetooth 4.2も備えています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい