環状線で323系をみてきた!/タイムラプスムービーも/ うめきた再開発の進捗は?

先日24日、大阪環状線の新車両323系がついにデビューしましたね!

【前回記事はこちら

12月24日、京橋駅を16時9分に発車する大阪環状線内回り普通列車から営業運転を開始。

大阪環状線といえば、メイン車両は片側4ドアの通勤形電車(103系・201系)。新型の323系は大阪環状線へ乗り入れる阪和線・大和路線(関西本線)の車両(221系・223系・225系)に合わせた片側3ドアの車両となります。

18年までにすべての車両が新型323系に置き換えられる予定ということで、大阪環状線には3ドア車両のみが入るということになります。

まずは大阪駅で入線の様子をパチリ。この日も多くの方が323系を見ようと待ち構えていました。

新型車両323系は片側3ドアで、車体はステンレス製。大阪環状線伝統のオレンジ色を採用し、「大阪環状線改造プロジェクト」のシンボルマークを配した外観となります。先頭車には環状線を模した円形のエンブレムも。

さて乗り込みます。

電車外側の行き先表示液晶はこんな感じ。

左側に大阪環状線を表す路線記号「O」と種別、右側に大阪環状線の文字と「○○方面(For ○○)」、両番号が表示されています。

中の様子はこんな感じ。

車内はお客さんが多かったのでイメージ画像で。緑色のシートは、一人分ごとに若干凹んでいて座りやすかったです。

車内はオールロングシートで、混雑車両の8号車(大阪駅停車時の天満方先頭車)は出入口スペースが拡大されています。

また女性専用車は編成の中央にあたる4両目もしくは5両目に設置され、客室内灯具の色調や車体ドア横カラーはピンク色。他の車両と区別することで識別性が高まりました。

上を見上げてみるとこんな感じ。吊革や手すりはすべて「オレンジ」色。

また1両あたり8か所16画面の案内ディスプレーも設置され、右側が広告、左側は路線案内・乗り換え案内が表示されています。まあ、山手線などと同じですね。

日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語による車内案内表示日本語・英語の2カ国語による自動放送が行われます。

車両の端にもこのように液晶ディスプレイがあります。

そして注目いただきたいのが左のステッカー。

特急「はるか」(281系)などで展開している訪日外国人向け無料公衆無線LANサービス「JR-WEST FREE Wi-Fi」を323系の車内でも提供します。車内Wi-Fiはうれしいですね!

途中、新今宮駅でパチリ。

そんなこんなで新車両の323系でした。

 

 

続いて、うめきた再開発についてです。

うめきた2期再開発エリアを、1期のグランフロント大阪のうめきたガーデンから見てみました。

新駅・新線の設置される部分だけははっきり他のエリアとは違い進んでいるようで、地下への構造物設置が行われていることがわかりますね。

以前の記事で地下駅設置の様子をご紹介しましたが、このような工事が引き続き行われているものと思われます。

 

 

 

それでは最後に自分の撮影素材を集めて作ってみたタイムラプスをどうぞ!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい