Googleが新スマートウォッチ2機種を来年初頭にもリリースか Android Wear 2.0の初搭載製品に Wear2.0の新機能は?

The Vergeによると、Google幹部が自社ブランドのAndroid Wear スマートウォッチを複数機種開発しており、2017年第1四半期中に発売する予定であることを明らかにしました。この新しいスマートウォッチは「Android Wear 2.0」を初めて搭載する製品となるということです。

Android Wear 2.0初搭載製品に

The VergeとのインタビューでGoogleのAndroid Wear担当製品マネージャーJeff Chang氏が明かしたところによると、

今回開発されているスマートウォッチは、Android Wear 2.0 と一緒に同 OS のフラッグシップとして発売される予定

また、スマートウォッチの設計や開発などは Google が行っているものの、Google や Pixel とは違う製品ブランドで発売されるそうです。Chang氏はAndroid Wear 2.0を搭載する主力端末の製造でパートナー企業と連携していると述べましたが、企業名は明らかにしていません。ちなみに、これまでにもこのメーカーと連携していたといいます。

Wear 2.0では何ができる?

これまで、Android Wear 2.0の開発者向けプレビューはDeveloper Preview 4まで公開されていますが、The Vergeのインタビューでは来年 1 月にDeveloper Preview 5をリリースする予定も明らかにしました。しかもPreview 5では、Android PayやGoogle アシスタントが有効になっている見込みだとのことです。

これまで公開されたAndroid Wear 2.0の新機能といえば、やはりスタンドアロンアプリへの対応と新キーボードの搭載でしょう。

Android Wear 2.0 には Google Play ストアが組み込まれることになっており、スマートフォンやタブレットと同じようにしてアプリをインストールし、自分仕様にカスタマイズできます。アプリについてもインターネットへのフルアクセスが可能になるので、Android Wear 2.0 のスマートウォッチはスタンドアロンデバイスとして機能するようになります。

また、従来のAndroid Wearでは、メッセージアプリを使用する場合、定型文を送信するスタイルか、音声のみでの入力がとられていました。しかし、2.0では新しくスワイプキーボードと手書き入力が追加されたので、自分の思うままな文章をスマートウォッチから送信できるようになります。

他にも、新しいユーザーインターフェイス、ウォッチフェイスのカスタマイズ機能の拡充、Smart Reply/手書き/SwiftKey入力のサポート、フィットネス機能の強化、新通知スタイル・コンプリケーションなど、数々の変更が行われます。

さらに、

現在Android Wearを搭載するほかのモデルには、今回報じられているGoogle製スマートウォッチのリリース後にAndroid Wear 2.0がリリースされますが、すべてのモデルにソフトウェアアップデートが提供されるわけではないと、The Vergeは報じています。

もしかしたら、お使いのWear端末はwear2.0に対応しない、なんてこともあるかもしれません…。かなり有用なアップデートになると報じられているので、ぜひとも多くの端末で対応してほしいですね。

何より、はやくアプデ来て!

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい