山陽新幹線、12月22日から携帯電話がどこでも利用可能に 東京―博多間の電波不通区間ゼロへ

JR西日本は12月21日、山陽新幹線の全線で22日からトンネル内での携帯電話の通信が可能になると発表しました。山陽新幹線では携帯の電波が届かない「不感地帯」の解消がJR西日本と携帯電話3社によって順次進められていましたが、最後に残った区間の整備が完了しました。

これにより、東海道新幹線・山陽新幹線の全線で携帯電波不通区間がなくなったことになり、年末年始の帰省ラッシュは快適な車内電波環境になりそうです。

外部リンク:JR西日本プレスリリースNTT docomoプレスリリースKDDIプレスリリースSoftBankプレスリリース

博多―東京間、最後の不感地帯を解消

今回整備されたのは、新山口駅の西約16キロにある峠山トンネルから、新関門トンネルを通り小倉駅までの区間。トンネルの出入り口に設置した基地局から光ケーブルなどを伸ばすことで内部での通信を可能にしました。

各社は、峠山トンネル~厚狭駅(山口県山陽小野田市)と厚狭駅~小倉駅間の不感地帯を解消。12月22日からこの区間で携帯電話サービスを開始します。それをもって山陽新幹線の全区間において携帯電話が利用できるように。

山陽新幹線は、新大阪―博多間を結ぶ新幹線。全体の半分を占める約280kmがトンネル区間で、携帯電話を利用できない場所が多くありました。JR西日本は2010年から「携帯電話不感地帯」の解消するための対策工事を進め、ついに全線での工事が完了しました。

今後はNTTドコモ、au、ソフトバンク(Y!モバイル)の大手3社、またこれらの3社の電波を利用するMVNOで携帯電派が利用できるようになります。

JR西日本は引き続き対策工事を進める方針で、北陸新幹線では本年度から金沢~黒部宇奈月温泉間黒部宇奈月温泉~新親不知トンネル西側(新潟県糸魚川市)間で対策工事を行っています。

また、JR西日本は東海道・山陽新幹線に、最新型の「N700A」を新たに15編成導入することも発表しました。これは先日発表された2017年春のダイヤ改正で、東海道・山陽新幹線で「のぞみ」「ひかり」をN700Aにすべて置き換える(過去記事)ことによるもの。投資額は約750億円で、17~19年度の3年間で既存の700系15編成と入れ替えます。

北陸、北海道、九州新幹線は未だ電波不通区間多く…

今回の山陽新幹線の不感地帯解消で、以下の区間はすべて携帯電話3社の電波が通じるようになりました。

新幹線で携帯電話の電波が通じる区間

  • 東海道新幹線の全線
  • 山陽新幹線の全線
  • 北海道新幹線の地上区間
  • 東北新幹線の東京―いわて沼宮内―二戸駅手前間
  • 北陸新幹線(上越新幹線)の東京―高崎間
  • 北陸新幹線の高崎~安中榛名間
  • 上越新幹線の高崎~上毛高原駅手前間長岡―新潟間
  • 九州新幹線の博多―新大牟田間と新玉名―新八代間、ほか地上区間

北陸新幹線は今後金沢―黒部宇奈月温泉―新親不知トンネル間で電波が通じるように工事が行われますが、いまだに以下の区間では携帯電話の電波は通じません。

新幹線で携帯電話の電波が不通の区間

  • 北海道新幹線の7割の区間(青函トンネルなど)(地上区間は電波通じる)
  • 東北新幹線のいわて沼宮内―新青森間
  • 北陸新幹線の糸魚川―上越妙高―安中榛名間
  • 上越新幹線の上越高原―長岡間
  • 九州新幹線の新大牟田―新玉名間、新八代―鹿児島中央間のトンネル区間

車内Wi-Fiは東海道新幹線と東北新幹線の一部のみ

新幹線車内で利用できるWi-Fiも、現在は東海道新幹線と、東北新幹線E5系の一部車両のみ

まだまだ電波不通区間の多い新幹線ですが、今回山陽新幹線が電波不通区間を解消したことで、もしかすると車内Wi-Fiの利用が解禁されるかもしれませんね。

いずれにせよ、とにかく早く新幹線全線で電波が通じるよう、JR各社には改善を行ってほしいものです。

海外では英仏海峡トンネル(ユーロトンネル)でも携帯電話電波がつながるのに青函トンネルではつながりませんし…。

全国各地の地下鉄で「圏内化」の動きが進んでいるなか、日本の技術を象徴する新幹線こそ、電波環境が良くなるといいですね!

それでは!

 

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい