JR西日本、JR京都線 摂津富田~茨木間に新駅「(仮)JR総持寺駅」2018年春開業へ

JR西日本は12月20日、JR京都線(東海道本線)の摂津富田~茨木間に設置する新駅の概要を発表しました。新駅の名称は茨木市が「JR総持寺駅」(仮称)と紹介していて、来年にも公募が行われるということです。2018年春開業予定で、可動式ホーム柵を備えた島式ホーム1面の高架駅となります。

JR西日本プレスリリースはこちら

発表によると、新駅は大阪府茨木市JR京都線(東海道本線)摂津富田駅から東へ1.7km、茨木駅から西へ2.0kmの距離に設置されます。

新駅から徒歩圏内に阪急京都線の総持寺駅があります。JR西日本によれば、新駅舎のデザインコンセプトは「街と街、人と人、時(歴史)と時(未来)をつなぐ新たな駅」。駅舎は高架下にあり、高架上のホームへエレベーター1基、エスカレーターを上下1機ずつ設置します。

ホームは8両編成対応で、複々線の下り内側線・上り内側線を走る列車が停車できる島式ホーム1面2線の駅となり、主に普通列車のみが停車する予定です。ホームに設置される可動式ホーム柵はおもに普通列車に使用される片側4ドアの車両のみ対応しています。

 茨木市はこの新駅を「(仮称)JR総持寺駅」と紹介していて、JR西日本などと連携しながら駅周辺整備を推進するとしています。自由通路と歩行者専用道路の整備は茨木市、駅前広場などの整備は開発事業者により行われます。茨木市はJR西日本の新駅概要発表に合わせ、2017年1~2月にJR新駅の駅名案募集を行い、集計結果をJR西日本に報告すると発表しています。最終的にJR西日本が駅名を決定し、2017年内に発表予定です

もともと新駅の予定地付近には、エレベーター・エスカレーターのメーカーとして知られるフジテックの本社がありましたが、2006年にフジテック本社が茨木市から滋賀県彦根市に移転し、跡地開発事業の一環として新駅の整備が浮上し、2012年に着工しました。

 JR西日本では、来春に先日お伝えしたJR可部線(広島県)の延伸でできる2駅、JR山陰線(広島県)の寺家駅(過去記事)が誕生。18年春に今回お伝えした(仮称)JR総持寺駅(JR京都線)おおさか東線のJR長瀬~新加美間に衣摺駅(仮称)が誕生します。さらに19年春には、ついにおおさか東線が全線開業(過去記事)で4駅が設置され、京都市の七条通、JR嵯峨野線(山陰本線)の丹波口-京都間に新駅が開業します。そしてそして2023年には、大阪駅北の再開発地区、「梅田北ヤード2期地区」に「うめきた新駅」が開業(過去記事)です。

 北陸新幹線の延伸開業も控えていますし、度重なる事故に伴う安全対策のためのホーム柵設置など、インフラ整備が目白押しのJR西日本。JRユーザーとして、ホントにがんばってほしいですね。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい