ポケモンGO レアポケモンで被災地・石巻に10万人、経済効果は20億円

宮城県は12月19日、スマホゲーム「ポケモン GO」で、レアポケモン「ラプラス」が東北地方で出現する確率がアップした11月11~21日の間に、約10万人の観光客が同県石巻市を訪れ、約20億円の経済効果があったと発表しました。

宮城県プレスリリース:ポケモンGO関連イベントの観光客入込数等について

被災地自治体とのコラボ企画第1弾

Pokemon GOの運営元Nianticは今年8月、東日本大震災の被災地となった宮城県、岩手県、福島県、熊本地震で被害を受けた熊本県とコラボレーションを実施すると発表(過去記事)しました。宮城県は11月12日、石巻市で「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」と題したイベントを実施し、約1万人が来場したと発表しました。

このイベントと連動し、Nianticは11月11~21日、珍しいポケモン「ラプラス」が宮城県などの沿岸部に出現しやすくなるイベントを実施。対象地域だった石巻市には多くのユーザーが殺到しました。

当初は23日までを予定していましたが、22日に福島県沖を震源とする地震の影響で中断、そのまま終了しました。宮城県の試算によれば、Explore Miyagiの来場者を含め、11日間で約10万人がラプラスを目当てに訪れていたということです。

今後は、Pokemon GOのユーザー向けに、アイテムが手に入る「ポケストップ」と観光地を一緒に巡回できる周遊ルートを作成し、今年度中に公開予定。またApple Watchで動作するポケモンGOアプリの提供も決まっています。どれだけユーザーを留め置けるかが鍵となってきそうです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい