スペースワールド、17年末閉園へ 「寝耳に水」の閉園理由は経営難じゃない? 事故が招いた低空飛行

福岡県北九州市八幡東区にあるテーマパーク「スペースワールド」は12月16日、2017年12月末に閉園すると公式サイトで発表しました。

新日本製鉄八幡製鉄所(現:新日鉄住金八幡製鉄所)の遊休地に1990年4月に開業した九州を代表するテーマパークの1つでしたが、営業開始から25年超で幕を閉じることとなりました。西日本新聞によると、アトラクションは閉園後に取り壊す方針で、15日に従業員らへの説明を終えたということです。

産業都市から観光都市へ

1990年新日本製鉄(現:新日鉄住金)八幡製鉄所の遊休地が広がる東田地区に誕生したスペースワールド。日本一といわれた筑豊炭田を背景に持つ産業の街・北九州で当時「産業都市からの転換」を象徴する施設として、新日鉄の多角化の象徴でした。

開業を機に東田地区の再開発は進展。近くの官営八幡製鉄所旧本事務所が世界文化遺産に登録された昨年、同地区の観光客は232万人に上り、市内有数の観光地に成長しました。

宇宙飛行士の訓練を体験できる施設や、実物大のスペースシャトルのレプリカなど、宇宙をテーマにした娯楽施設が人気を呼び、ピークだった1997年度には年間約216万人が来場しました。

しかし翌1998年8月、絶叫マシン「アトラスタワー」で、ワイヤーが切れてゴンドラが地上50mから地面に落ち、乗っていた12人が重軽傷を負う事故が発生。捜査では耐用年数を過ぎたワイヤーを使い続けるなどの整備不良が露呈し、この年を境に入場者数は減少に転じました。

長崎・ハウステンボスとの競争も激化…

HIS傘下となって「V字回復」したハウステンボス

長崎県佐世保市のハウステンボスなどとの競合も激化して、2004年度は約165万人まで入場者数が減少約331億円の債務超過に陥りました。2005年5月、スペースワールド社は民事再生法を申請。8月に札幌でスキーリゾート施設などを運営する加森観光に経営を譲渡しました。ちなみにハウステンボスの入場者数は、2010年にHISの傘下に入って以降増加を続け、昨年は307万人を記録しています。

経営譲渡後、約40億円をかけて新規アトラクションを整備する一方、2008年度には約110人いた正社員の半分をリストラするなどの経営再建策をとってきましたが、客足は大きく回復しませんでした。西日本新聞によると、2012年度の入場者数は約164万人で、2013年以降は入場者数の公表もありませんでした。

しかしながら「2009年度からは黒字が続き、2015年度は経営を請け負ってから過去最高益だった」という報道(西日本新聞)もあり、ネット上では「寝耳に水」との声が相次ぎました。

そしてつい最近、2016年11月には、スケートリンクに約5000匹の魚を氷漬けにしたアトラクション「氷の水族館」「なんて酷いことを」とネット上などで批判が相次ぎ、企画を中止していました。

「経営難理由でない」 では一体なぜ閉園?

四半世紀余にわたり親しまれた北九州のシンボル喪失。僕も福岡出身ですが、何度も足を運んで、子供の頃家族で遊び、友達と電車を乗り継いで遊びに行きました。現在周辺には北九州市立「いのちのたび博物館」やイオンモール八幡東など、人気の施設があり、北九州市でも人気のエリアです。

スペースワールドは閉園の理由を「諸般の事情」として明らかにしていませんでしたが、西日本新聞や日本経済新聞によると、土地を所有する新日鉄住金と、園内にあるアトラクションなどを所有する同園側が、土地の賃貸を巡る条件交渉で折り合いが付かなかったことが一因とみられます。

賃貸契約更新の交渉が不調に終わったことで、新日鉄住金は土地の新たな貸出先を探るとともに、アトラクションの処分を運営会社と協議するということです。また同園によると、今年8月にすでに閉園を決定していて、従業員約100人の雇用については運営する加森観光グループ企業への就職などですべて守るとしています。

北九州市の北橋市長は「閉園をやむを得ないと判断した。新日鉄住金と協議の場を持ち、今後の土地利用に関しては市の活性化に資するよう強く要請した」とのコメントを発表(西日本新聞)しました。

おわりに

というわけで、スペースワールドの閉園についてでした。

記事中でもお伝えしたとおり、福岡出身の僕は何度も足を運んだ思い出の場所です。なくなってしまうのは悲しいですが、北九州市と新日鉄住金の交渉がうまくいって、再び観光客を呼べるような施設になって欲しいものです。

それでは。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい