AndroidとChrome OSを統合させた新OS「Andromeda」が複数端末から登場へ?10月4日に発表会

 

Googleの新しいOS「Andromeda」が、最新のノートPC型端末やタブレットに搭載される、と複数メディアが報じています。

米Googleが10月4日(現地時間)に開催する「Made by Google」イベントでは、各種ハードウェアに加えて、ついにAndroidとChromeの統合が発表されるかもしれないのです。

Pixelシリーズで端末投入か

Android関連のニュースを取り扱うAndroid Policeが、2つの別個の情報筋から「Googleが新しいPixelブランドのノートPCを2017年の第3四半期にリリース予定である」という情報を入手しました。リリースされるノートPCは「Pixel 3」と呼ばれる端末で、これはGoogleが開発するPC向けOSの「Chrome OS」とモバイル向けOSの「Android」を統合させた新しいOS「Andromeda」を搭載した最初のデバイスになる、と見られています。

そもそも、GoogleのPixelシリーズは、Chrome OSを搭載した安価なノートPCシリーズのChromebookとは異なるハイエンド寄りの端末シリーズです。そのシリーズから登場するという「Pixel 3」は、極薄設計のノートPCで、ディスプレイサイズは12.3インチ、プロセッサにはIntel m3もしくはCore i5、ストレージは32GB/128GB、メモリは8GB/16GBになる見込み。加えて、MicrosoftのSurfaceシリーズやLenovoのYogaシリーズのようにノートPCとタブレットの両方の使い方が可能になる「2in1」スタイルを実現する端末になる模様です。

その他のスペックは、指紋認証機能、2つのUSB-Cポート、3.5mmジャック、別売りのワコム製スタイラスのサポート、ステレオスピーカー、10時間以上使用可能なバッテリーなど。加えて、キーボードにはバックライトがつき、ガラス製のトラックパッドは感圧式のMacBookのようなものになる見込みです。なお、販売価格は799ドル(約8万円)からになるそうです。

AndroidエンジニアがTwitterで漏らす?

同メディアが根拠とするのは、Androidのエンジニアリング担当副社長、ヒロシ・ロックハイマー氏が9月24日に投稿した以下のツイートです。

t

「8年前の今日、Androidの最初のバージョンを発表した。8年後には、2016年10月4日について語ることになるだろう」というような意味ですね。

ロックハイマー氏はAndroidのニックネームについて思わせぶりなツイートをしたこともあるが、このタイミングでのこのツイートは、米Wall Street Journalが2015年に「GoogleはAndroidとChrome OSの統合を2016年中に発表し、2017年に実行する」と報じたことに合致するとAndroid Policeは指摘しています。

Android Policeによると、AndroidとChrome OSの統合プロジェクトはGoogle社内で「Adromeda」と呼ばれているといいます。

Googleは統合のうわさを、ことあるごとに否定してきました。今年のGoogle I/Oでは、今秋にタッチ対応の複数のChromebookが登場すると予告してもいる。

Google I/Oでは同時に、Chrome OSでGoogle PlayのAndroidアプリを使えるようになることも予告されていました。

かつてはChromebookのモデル名に使っていた「Pixel」ブランドが、次期オリジナルスマートフォンに「Nexus」ブランドに代わって付けられるといううわさも合わせると、Chromebookは例えば「Pixelbook」としてAndromeda OS搭載で発表されるのかもしれないですね!

10月4日の発表イベントは専用サイトでライブストリーミングされる予定で、日本時間の10月5日午前2時スタートです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい