4日動くスマートウォッチ、サムスン Galaxy Gear S3 は12月22日国内発売 OSはTizenで44,820円から

サムスンは、Tizen搭載のスマートウォッチ「Galaxy Gear S3 frontier」と「Galaxy Gear S3 classic」12月22日に国内発売するとは発表しました。全国の家電量販店のほか、auショップ、auのオンラインショップでも扱われます。価格は44,820円~(auオンラインショップ)です。

見た目は高級腕時計、防水防塵対応

 

今回発売するGalaxy Gear S3シリーズは、前モデルGear S2の円形ディスプレイや文字盤のベゼルを回転させる操作性などを引き継ぎ、サムスンなどが開発しているTizenをベースとしたOSを積んでいるスマートウォッチです。ディスプレイは有機ELを採用し、サイズは1.3インチ(360×360ドット)。本体の素材はステンレススチールを採用し、MIL規格17項目に準拠IPX5/IPX8の相当の防水IP6X相当の防塵性能を持っています。

「frontier」がアウトドアをイメージした無骨なデザインとなっているのに対し、「classic」はクラシックな腕時計に近いデザインに。Frontier はスペースグレーのボディにブルーブラックのリストバンドを採用。Classic はシルバーのボディに、ブラックのリストバンドを採用しています。搭載するハードウェアは共通です。またウォッチフェイスのデザインは標準で15種類から選べ、バンドサイズは市販の22mmのものと交換も可能で、好みのデザインにカスタムしやすくなっています。

気圧計/高度計だけでなく、GPS機能を搭載したことで、スマートフォンと接続せずにスマートウォッチ単体でランニングやゴルフなどのスポーツのほか、キャンピングやハイキングなどのレジャー活動を力強くサポート。スピーカーを搭載したことで、電話の応対も可能です。

通常利用で3~4日間電池持ち

容量380mAhのバッテリーを搭載し、通常モードの利用で3~4日間省電力モードの利用で4~5日間の電池持ちを実現しました。また、Watch Onlyモードにより、バッテリー残量が5%の状態でも約10時間は時計表示が可能となり、充電環境のない中でも安心して利用できます。ワイヤレス充電(Qi)にも対応しています。

主要スペックは、1.3 インチ 360 x 360 ピクセルの AMOLED(Gorilla Glass SR+)=有機EL1.0GHz デュアルコアプロセッサ380mAh バッテリーRAMが768MBROM(ストレージ)は4GBです。無線規格は2.4GHz帯のWi-Fi(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 4.2NFCGPSをサポートし、加速度 / ジャイロ / 気圧 / ライトセンサーを搭載。ペアリングに対応できるデバイスは、搭載OSがAndroid 4.4以上(GalaxyシリーズのスマートフォンならAndroid 4.3以上)で、RAMは1.5GB以上です。

両モデルのスペックに大きな差はありませんが、外観が少し異なり、Classic のほうが Frontier よりもスリムで軽量です。本体の大きさは約46×49×12.9mm本体重量はfrontierが約63g、classicは約59gとなっています。

価格はauオンラインショップで44,820円(税込)。15日現在Amazon.co.jpでは44,400円で販売されています。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい