iモードの「絵文字」がニューヨーク近代美術館MoMAで展示スタート 世界で浸透する”Emoji”

アメリカ・ニューヨークのマンハッタン中心部にある世界有数の美術館、MoMA(NY近代美術館=モマ)では、携帯でメッセージをやり取りする際に使われる日本発祥の「絵文字」が美術作品としてコレクションに加わり、10日から展示が始まりました。

10月26日に報じられた、MoMA(The Museum of Modern Art)の永久収蔵品に日本の「絵文字」が加わるというニュース(New York Times)。ついにその展示が始まり、美術館のロビーで壁一面に展示された絵文字を見ることができます。来年3月までメインロビーに展示されるということです。

MoMA公式ブログはこちら

176種類の絵文字が永久収蔵品入り

左が1999年に開発されたNTTドコモの絵文字、右がiOSの絵文字

このたび、MoMAの永久収蔵品入りが決まったのは、NTTドコモが開発し1999年に世に送り出した絵文字176種類です。

1999年にNTTドコモのiモードで初めて使われました。

笑顔や食べ物、天気に動物などをモチーフにしたものがあり、世界中でデジタルメッセージに使用されるようになりました。

絵文字=Emojiは、新幹線=Shinkansenや寿司=Sushiなどと同じように、世界共通語になっています。

当初はハート、矢、手振りなどでしたが、2006年までにGoogleがGmailに絵文字を提供。2011年にはAppleがiOSのメッセージアプリに絵文字を導入しました。

彫刻庭園をはさみ、谷口吉生設計の新館を見る

ニューヨーク近代美術館(MoMA)は商業デザインや家電製品など、美術品にこだわらず近代のアート・デザイン文化に影響を与えたものを定期的に収集品とすることで知られています。コンピューターではMacintoshなど複数のアップル製品IBMのThinkPadなどがあるほか、近年ではauの携帯電話「iida」シリーズをコレクションとしています。MoMAのミュージアムストアでは、無印良品の商品が売られていたりもします。

世界共通語になった「Emoji」

今では当たり前の「携帯電話でインターネット接続」を世界で初めて導入し、現在のiPhoneなどスマートフォン誕生のきっかけを作ったとも言える、ドコモのiモード

12ピクセル四方という限られた条件で絵文字を開発したのは、現在ドワンゴ執行役員の栗田穣崇氏です。

ドコモが送り出した絵文字は、2010年にはコンピュータ上で利用する文字の世界標準「Unicode 6.0」に採用されて、現在は「Emoji」として世界中で利用されています。

栗田氏はTwitterで

とコメントしています。

またMoMAは公式ブログ

「NTTドコモから絵文字がリリースされたことは、人々が携帯電話を介してコミュニケーションする上での革命的な変化に寄与した。栗田氏の絵文字は、デザインの力が人間の行動に変化をもたらすことを力強く示すものだ」

「美術作品を選ぶうえで大事な基準は、もしこの作品が存在しなければ、世界はきっとつまらないだろうと思えること。絵文字はまさにこの基準に当てはまる」

とコメント。絵文字が与えた影響の大きさが分かります。

おわりに

というわけでEmojiのニュースでした!

いまや世界中で”emoji”として使われているというのは考えてみたらホントにすごいことです!

ドコモさん粟田さんありがとう!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい