Android Payがついに日本上陸!まずは楽天Edyから利用可能に さらなるサービスにも対応予定

Google は12月13日から、Android スマートフォン用の新しいデジタルウォレット Android Pay を日本国内で提供開始しました。 Android Pay の提供は日本で9カ国目です。

まずは楽天 Edy と提携し、国内のビックカメラ、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ヨドバシカメラなど、国内 47 万以上の楽天 Edy 対応店舗で Android Pay による支払いが利用できます。

実際にアプリで登録してみたのでその模様もお伝えしますね。

まずは「楽天Edy」と連携 47万店で簡単決済

Android Payは、スマートフォンを電子マネーリーダーにかざすだけ支払いが行えるデジタルウォレットサービス。日本ではまず「楽天Edy」と提携し、ビックカメラ、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド、ヨドバシカメラなど、47万以上の店舗がAndroid Payによる支払いに対応します。

Felica搭載のおサイフケータイ対応端末で利用可

利用するには、Google Play ストアからAndroid 4.4 Kitkat 以上の対応端末「Android Pay」アプリをダウンロードします。アプリダウンロードはこちら

Googleはヘルプページで、

Android Pay を使用して店舗でお支払いいただくには、スマートフォンが NFC(近距離無線通信)と HCE(ホストカード エミュレーション)に対応している必要があります。NFC に対応しているかどうかは、スマートフォンの [設定] アプリで確認することができます。また、日本国内で電子マネーを使用するには、「おサイフケータイ」に対応したスマートフォンが必要となります(HCE は必要ありません)。

としていて、利用できるのはFeliCaを搭載した、”おサイフケータイ”に対応のAndroid端末です。(よっぽどじゃない限りほとんどのAndroid端末なら使えます。Samsung Galaxy S3,Note 3, Nexus7には対応せず)

ですが、海外仕様でおサイフケータイに対応していない端末ではアプリの画面がちょっと違うようです。(決済もまだ未対応の模様)

直接アプリから対応している電子マネーを追加可能で、すでにモバイル楽天Edy を使っていれば、すでに持っているアカウントを Android Pay に連携できます。Android Pay からの入金は、その場でアプリからクレジットカードで、もしくは楽天 Edy 対応店舗での直接入金の両方に対応しています。

支払いを行うには、スマートフォンを電子マネーリーダーにかざすだけ。アプリで取引内容を表示できるため、購入履歴も簡単にチェックできます。また、楽天ポイントカードなどの Android Pay 対応ポイントプログラムの情報もアプリ内に追加することができます。

楽天Edy新規追加で400円のギフトがもらえる

Googleによると、2017 年には、フェリカネットワークスとの連携によりAndroid Pay に対応する電子マネーの種類も増える予定としています。また、三菱東京UFJ銀行、Visa、Mastercardなどの企業との協力により、お気に入りのアプリからの Android Pay チェックアウトなど、今後もより多くのサービスの提供を予定しています。

Android Pay アプリはGoogle Play からダウンロード可能。Android Pay に新規で楽天 Edy を追加すると、期間限定オファーとして400 円のサインアップギフトが付与されます。詳細はこちら

キャンペーン期間は2016年12月13日(火)サービス開始 から 2017年1月31日(火)9:59 まで。

Android Paで楽天Edyの初期設定が済めば、自動的に400円分のギフトが付与されます。キャンペーン期間より前に、楽天Edyアプリなどで既に初期設定を済んでいる方は対象外です。残念。

実際に使ってみた!

まずは、アプリをインストールしましょう。アプリダウンロードはこちら

アプリを開いたらこんな画面。

続いて、僕は既に楽天Edyを使いまくってるので既存のカードを追加することにします。

アプリの右下のプラスマークを開いてこんな画面を表示させ、「電子マネーを追加」をタップ。

(スクショとるのを忘れてたので、既に画面にカードが出てるのはご愛嬌。)

 

次の画面で「楽天Edy」のカードを選択し、「既存のカードを追加」とすると、もともと端末にある楽天Edyの情報がリンクされます。

ここで「Edyカードを作成」とすれば、400円ギフトがもらえます。

しばらくして規約画面が出るので、しっかり読んで「同意」をタップ。

すると画面に「楽天Edy」のカードと残高が表示されます!

「チャージ」をタップするとこんな画面になって、1000円ごとにチャージ金額を選ぶと、初回のみカード情報を登録する画面が出てきます。もちろん、楽天Edy対応店舗でのチャージも可能です。

「楽天Edy」のアプリをインストールしていれば、楽天EdyアプリとAndroid Payに登録してあるEdyを連携させるとオートチャージの設定なども可能です。銀行口座からのチャージもできます

 

実際にサークルKサンクスにて買い物してきましたが(レシートとるの忘れた…)。

店員さんに「Edyで」と伝えて、おサイフケータイと同じように、電子マネーリーダーに端末を置くだけ。設定していれば、画面オフの状態でもちゃんと決済できますよ

(Apple Payスタートのときみたいに「Android Payで」って言っても「は?」って思われるだけなので「Edyで」と伝えましょう)過去記事参照

おわりに

というわけでAndroid Payについてお伝えしました!

実際、画面が変わったくらいで、正直Edyヘビーユーザーの僕からするとそんなに「便利になった」という感じはありません。

これからFelicaの対応サービスが増えるということなので、ぜひともモバイルSuicaに対応してAndroidでも年会費無料にしていただきたいです。(過去記事参照

もちろん、ポイントカードの登録にも順次対応していくとのことなので、対応サービスが増えればますます便利さが実感できると思います。

早く!Googleさん!それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい