ボタン押すだけ即注文!「Amazon Dash Button」が日本上陸 ボタン価格は実質0円

iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリでお気に入り商品を設定すれば、必要なときにボタンを押すだけで注文が完了するという「Amazon Dash Button」の提供が12月5日から日本でも始まりました。

海外では2015年4月1日に発表されていた製品で、日本ではそれから1年以上遅れての登場となりました。

ボタンはプライム会員向けで、価格は1個500円。ボタンを通じた初回注文時に500円引きが行われるので、実質無料で使えます。

700種類41ブランドの日用品がボタン1つで簡単注文

btf_01-cp-1200x607

Dash Buttonは、Amazon.co.jpで対象となっている商品をボタンを押すだけでを注文できるボタン型端末です。

洗剤やシャンプー、シリアル、オムツ、ペットフードといった商品が対象となっており、1ボタンあたり1商品が対応しており、それぞれのブランドごとに用意されたDash Buttonを購入できます。

botton

使用方法はとても簡単で、まずお気に入り商品を登録してボタンを好きなところにセット。必要なときにボタンを押せばワンプッシュで注文ができて、商品が届きます。

また、ボタンを押せばWiFiを通じてAmazonに注文が行く仕組みなので、子供がいたずらで何度も押してしまったり、すでに注文済みなのを知らない家族が複数回押してしまう可能性もありますが、一度注文した商品はそれが配送済みにならなければ再び注文はできないとのこと。かぶっちゃう可能性がないので安心ですね!

snap3859

発売開始時点では、700種類以上の商品を対象に、41ブランドの日用品注文用Dash ButtonがAmazonに並んでいます。中にはノンアルビールのオールフリーや天然水もあり、ぜひとも冷蔵庫のドアに貼り付けておきたい人も多いかも。重いものを持たなくていい上に、「どーせ他のも買うからまとめて買おう…」と考える必要もありません。

使い方は?

btf_03-dp-482x622

たとえばファブリーズを注文するDashボタンを購入した場合、ファブリーズと言っても匂いや大きさなどかなりの商品バリエーションがありますよね。そこで最初に使う前には、スマホ用のAmazonアプリから該当する商品を選択して設定しておく必要があります。

Dash Buttonが届いたら、まずはAmazonアプリを立ち上げて、アカウントサービスにいくと「Dash端末」という項目が追加されています。そこの「新しい端末をセットアップ」をタップし、家のWi-Fiのパスワードを入力します。(AmazonアプリとWi-Fiを使って連携)

そして、画面の指示に従いDash Buttonを6秒間長押しして、青いライトが点滅すれば接続完了です。

その後は、何の商品を注文させるのかを設定します。1個のDash Buttonで設定できる商品は1個のみなので、同じブランドでも頼みたい商品が違うときは追加でDash Buttonを購入するのがいいでしょう。

syosai

Dash Buttonには、デフォルトの状態でフックなどに引っ掛けられるアタッチメントが付いています。このアタッチメントは取り外し可能です。裏側には何回でも付け外しが可能な粘着シールが付いているので、どこでも設置できますね!

Dash Buttonを押して注文した後は、メールやアプリの通知で詳細が届きます。注文を変更したい場合は、アプリやウェブサイトからできます。注文後のプロセスは、通常の注文と同じですね。先程も紹介しましたが、Dash Buttonは一度押したら商品が届くまではボタンが無効になるので、ボタンが何回も押されても大量に商品が届くことはありません。

電池は数年間持ち、1000回以上クリックできる仕様となっていますので、まあ数年は持つでしょうね。

自動注文システムも発表

amazon_dash_replenishment_service

今回、同時に「Amazon Dash Replenishment」も発表されました。これはAmazonが家電製品などと連携して、日用品の再注文を自動化させるというもので、アメリカではすでに、ブリタの浄水器(上記画像)に搭載されており、フィルターが汚れたら自動で感知して、自動で新しいフィルターを再注文してくれます。

日本ではまだ製品はないものの、アイリスオーヤマ、エレコム、シャープ、船井電機、三菱レイヨン・クリンスイが連携に向けて取り組んでいるということです。(Gizmode Japan

アメリカではこの1年、Dash Buttonでの注文が5倍になり、中には注文の半数がDash Buttonからの商品もあるといいます。

おわりに

というわけで今回はDash Buttonについてお伝えしました。

Dash Buttonはネットショッピングをガンガン使う若い世代よりも、ネットに疎い親や祖父母の世代にとってこそ力を発揮するのではないかと思います。

お年寄りが水などの重い商品を買って持ち帰るのはしんどいです。でもDash Buttonさえあればそういったことはありません。設定さえしてあげれば、あとはボタンを押すだけでネットショッピングができるんですからね!自分のAmazonアカウントと紐付けておけば注文したら通知がくるので元気にしてるのが確認したりなんかもできそうです。重複注文も防止できますしね。

引きこもりも親孝行もできるという画期的な「Dash Button」。家の中にある日用品のブランドを確認してみてはいかがでしょうか。

それでは!

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい