Sony、最上位フルサイズミラーレス一眼「α9」を海外発表 超高速撮影・超高速レスポンスのEマウント一眼

Sonyは4月19日(現地時間)、イギリスでEマウントモデルの最上位機となるフルサイズミラーレス一眼カメラ「α9」(ILCE-9)を発表しました。ヨーロッパでの価格は約4500ポンド(約63万円)、米国での価格は約4500ドル(約49万円)となっていて、2017年6月に出荷を開始します。

sony α9(English)

世界初のフルサイズ積層型センサー搭載

α9は、「サイバーショットRX100M5」や「Xperia XZ Premium」などに搭載されたDRAM積層技術によるイメージセンサー「Exmor RS」、世界で初めて35mmフルサイズ機に搭載。

有効画素数は2420万画素(総画素数2830万画素)で、ISO感度はISO100〜51200(拡張でISO50〜204800相当)。14bit RAWで記録できます。動画は4Kや120fpsフルHD記録が可能

フルサイズExmor RSと最新のBIONZ X画像処理エンジン、フロントエンドLSIの処理能力によって従来のSony「α7 II」に比べて最大20倍の高速読み出しが可能になったといいます。

AF測距点は693点で秒速20連写

α9では画面内の93%をカバーする、693点の像面位相差AFに対応。処理速度は1秒間に60回演算と超高速なレスポンスを実現。合焦が早い位相差AFと精度の高いコントラストAFを合わせたファストハイブリッドAFにも対応し、「α7R II」に比べて約25%の高速化を実現しました。(このAF測距点の画像、見て笑っちゃうレベルですね)

連写速度は、AF追従時で秒20コマの連写が可能。撮影コマ間のブラックアウトを無くした「ブラックアウトフリー コンティニュアス連写」で秒20コマ、RAW画像なら最大241枚、JPEG画像なら最大362枚までの連写に対応します(UHS-IIカード使用時)

シャッター速度は最高1/8,000秒。シンクロ速度は1/250秒です。

そしてもちろん、センサーシフト式の5軸手ブレ補正も引き続き搭載。最大効果はシャッタースピード5段分です。

メモリー一体型の積層型CMOSは、α7 IIに搭載された表面照射型CMOSに比べて最大20倍の読み出しスピードです。

また、電子シャッターでの「無音撮影」では1/3万2000秒までのシャッタースピードに対応。従来電子シャッター撮影で起きていた、速く動く物体がゆがんでしまう「ローリングシャッター現象」を抑えられたといいます。

動画撮影はXAVC Sフォーマットによる4K/30fpsやフルHD/120fpsでの撮影が可能。これらはα7R IIなどと同一仕様ですが、AFの測距点の増加や高速化、SDカード側のUHS-II対応による高速化などにより、さらに快適になっています。

4K動画は最大30fpsで、イメージセンサーの全領域の6K(6000×3376ピクセル)から読み出したデータをオーバーサンプリングすることで高精細でダイナミックレンジの広い動画を撮影できます。最大100MbpsでフルHDの120fpsスローモーション撮影にも対応するとのことです。

EVFは有機ELで過去最高解像度

EVFはソニーの内蔵EVFで過去最高の解像度となる約369万ドットの有機EL。輝度は最大でα7R IIの2倍で、フレームレートは60fpsか120fpsを選べます。接眼光学系も両面非球面レンズなどを用いた0.78倍です。細かなことですがツァイスT*コーティングも。なんともカッコイイです。

さらに、プロ向けの仕様として、イーサネット端子(有線LANポート)、デュアルSDスロット(片方はUHS-II対応SD、もう片方はUHS-I対応SDとメモリースティックDuo対応)、大容量バッテリーを採用。

バッテリーは従来のWバッテリーに比べて2.2倍の容量だというZバッテリー(NP-FZ100)になって、引き続きUSB充電に対応。撮影可能枚数は約480枚(EVF)、約650枚(背面モニター)です。

操作面では、AFエリア選択に使えるマルチセレクタージョイスティックを搭載。ドライブモードのダイヤルとフォーカスモードのダイヤルがカメラ上部に独立して置かれ、親指AF向きのAF-ONボタンも備わっています。

3型144万ドットの背面チルトモニタータッチパネル式となり、タッチAFにも対応

Wi-Fi/NFC/Bluetooth機能を内蔵していて、スマートフォン連携による各種機能(画像転送、リアルタイム撮影など)を利用できます。私もα6000でスマホとの連携をしていますが、操作性も良くてかなり便利です。

本体サイズは、約126.9×95.6×63mm。重量は約673g(バッテリー、記録メディア込み)。α7R IIに比べて大きさはほぼ変わらず、重量は約50g増です。

α9の米国での価格は4500ドル、ヨーロッパでの価格は約4500ユーロで、今年6月に出荷を開始します。日本での発売はまだ発表されていませんが、価格は55万円前後になるとみられています。

また、G Master初の超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5–5.6 GM OSS」を米国で2500ドルで7月に発売します。

本当にSony全部入り!って感じの最上位機がついに登場。欲しい、欲しすぎます。

もちろん、おいそれと手の出せる価格ではないですが、“The dawn of the true digital age”(新しいデジタルカメラ時代の夜明け)とSonyが打ち出しているように、カメラ業界を震撼させるような製品になることは間違いありませんね。

発売が楽しみです!

追記(4月21日12時)

「α9」、「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」共に、日本国内でも発表されました。

「α9」の発売日は5月26日(予約販売は4月27日10時より)。オープン価格で予想小売り価格は50万円。「FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」の発売は2017年7月予定。メーカー希望小売価格は32万円。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。最近のマイブームは、鉄道と再開発。

あわせて読みたい