Xiaomi、6GB RAM・スナドラ835搭載の「Mi 6」発表 3万円台でデュアルカメラ搭載のフラッグシップスマホ

中国の総合家電メーカーXiaomiは4月19日、新フラッグシップAndroidスマホ「Mi 6」を発表しました。

Mi 6 は昨年3月に発売された「Mi 5」の後継モデルで、新モデルではデザインをリニューアル。Snapdragon 835プロセッサやデュアルカメラを搭載するなど主要なスペックを大幅に強化しました。

超ハイスペックで安価、というのが売りのMiシリーズですが、価格は今回も3万円台~のようです。

Xiaomi 

Snapdragon 835、6GB RAM搭載

Mi 6の目玉は何と言っても、Samsungの「Galaxy S8」(過去記事)と同じ最新プロセッサ「Snapdragon 835」の供給を優先的に受けることができるモデル。RAM容量も6GBとサクサク動く予感。

Xiaomiの発表によれば、AnTuTuベンチマークのスコアはGalaxy S8の164,095を抜く184,292だといいます。

ディスプレイには600nit~1nitまでの明るさを4096段階で調節できるスマートバックライトを採用した、目に優しい5.15型フルHD液晶を搭載。反射を抑えたことで、目への悪影響を緩和しています。

バッテリー容量は3350mAhで、QC3.0にも対応します。充電端子はUSB type-Cです。

またiPhone 7と同じく、防滴仕様となり、イヤホンジャックは廃止されました。

Bluetoothは最新のBluetooth 5を採用し、Wi-FiはIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応。前面部に指紋センサーも搭載しています。

サイズは高さ×幅×暑さが145.17mm×70.49mm×7.45mmで、重量は168g/182g(セラミックのみ)です。

デュアルカメラをシリーズ初採用

Mi 6では、iPhone 7 plusと同じく、シリーズ初となるデュアルカメラを搭載。

光学2倍ズーム相当の写りや一眼レフのようなボケを実現。暗いところでもキレイに撮影できる4軸の光学手ブレ補正も備えています。

メインカメラは1200万画素(27mm F1.8)+1200万画素(52mm F2.6)、インカメラは800万画素のレンズを搭載します。

ガラス筐体で美しいデザイン

カラバリは、ライトブラック、ライトブルー、ホワイトの3色で、美しいガラス筐体を採用。4曲面 3Dガラスパネルを採用してるとのことです。

また限定でセラミックシルバーが用意されています。

Mi6は6GB RAM/64GB ROMモデルが2499人民元(3万9500円)、6GB RAM/128GB ROMモデルが2899人民元(4万5800円)、6GB RAM/128GB ROMのセラミックモデルが2999人民元(約4万7400円)となっています。

やはり素晴らしいコストパフォーマンス。

日本向けの輸入サイトでは若干の価格増はあるものの、それでもこのスペックで5万円以下。発売が楽しみです。

mamesuke

福岡出身、関西で学ぶ大学生。学生メディアとして、大学新聞で活動中。ガジェット好き、旅行好き、カメラ好き。鉄道もちょっとかじってます。

あわせて読みたい